賃貸経営の利回り計算について解説

利回りってどんなもの?

利回りとは、賃貸経営を行う上で生じた支出に対する利益の割合を、数値化したものです。

一口に利回りといっても、「表面利回り」「実質利回り」「想定利回り」の3つに分かれます。

表面利回りとは、購入費用や建築費用の費用を割って算出する数値です。

不動産会社が提供する物件情報に記載されている利回りの多くは、この表面利回りを指しています。

次に、実質利回りとは収入から固定資産税などの費用を差し引いた数値です。

また、想定利回りとは物件が満室であると想定した場合の利回りを指します。

このように、利回りには複数の種類があり、種類によって数値が変動します。

専門業者から提示された数値が、どの利回りで計算されているのかを必ず確認しましょう。

 

利回りの計算方法は?

利回りの種類によって、計算方法が異なります。

下記にそれぞれの計算式を記載いたしますので、ぜひ参考にしてください。

 

【表面利回り】

年間家賃収入÷(土地購入費+建築費)×100

 

【実質利回り】

(年間家賃収入-年間支出) ÷(土地購入費+建築費)×100

 

【想定利回り】

満室と想定した場合の年間家賃収入÷(土地購入費+建築費)×100

 

賃貸経営を成功させるには

利回り計算で収益性のバランスを数値化すると、賃貸経営を見える化させることができます。

しかし、どの種類の利回りで計算されているのかを把握していなければ、正確な数値であるとはいえません。

例えば、実質利回りは税金などの支出が想定されている一方で、想定利回りは物件の最高収益を想定されたものであるなど、その定義は大きく異なります。

賃貸経営を成功させるには、利回りの種類が複数あることを把握した上で、信頼できる専門業者に利回りの内容確認や経営相談を依頼することが重要です。

 

まとめ

今回は、賃貸経営の利回り計算についてご紹介いたしました。

利回りの情報は、ご紹介した3つの利回りのどの種類に該当するかによって、判断の基準が変わります。

また、計算された利回りの数値を知って、どのように行動すべきかも重要なポイントになります。

そのため、賃貸経営を成功させるには、信頼できる専門業者に相談することが大切です。

そこで、大阪や兵庫を中心に地域密着の運営を行っている、賃貸経営アザミくんをご紹介いたします。

賃貸経営アザミくんでは、賃貸経営のコンサルティングを実施しております。

また、現在お得なキャンペーンを実施中であるため、特におすすめです。

賃貸経営でお困りの方は、ぜひ賃貸経営アザミくんへご相談ください。

LINEでいつでもご相談可能
友だち追加