大阪や兵庫で効果的なアパート・マンション空室対策のアイデア

アパートやマンションなどの賃貸物件を所有されている方にとって、空室は非常に深刻な問題です。

空室が発生してしまうと、その分家賃収入が減ってしまいます。

特に、大阪や兵庫といった人気のエリアでは物件の数も多いため、空室対策は必要不可欠です。

そこで、今回は大阪や兵庫で効果的な空室対策について、ご紹介いたします。

空室対策をする前に原因を調査しましょう

空室が発生する場合、引っ越しシーズンなど時期の問題もありますが、それ以外に原因がある場合もあります。

例えば、建物の設備や間取り、家賃、物件の管理状態など、様々な原因が想定されます。

空室対策を考える際には、まずは原因の調査から始めましょう。

そして、原因を突き止めることで、効果的に空室対策が可能です。

退去させない空室対策

一番の空室対策は、現在入居している方に満足してもらい、退去させないようにすることです。

そのためには、物件の管理状態の見直しが必要です。

水漏れなど設備に関する不具合が生じた場合の迅速な対応、騒音など入居者同士のトラブルへの介入、共用部の清掃の徹底といった対策を行うことによって、より長く住んでもらいやすくなるでしょう。

賃貸住宅で退去する原因の多くが、こうした管理状況への不満や、入居者同士のトラブルです。

自身の管理では細かい対応まで行うことが難しい場合には、信頼できる管理会社に相談してみましょう。

入居希望者の心を掴む空室対策

空室が発生してしまった場合には、なるべくすぐに新しい入居者に住んでもらいたいと考えるでしょう。

入居希望者は一度物件を内覧し、気に入れば契約します。

この内覧の時に、入居希望者の心を掴むようにするのも大切な空室対策です。

入居希望者が内覧する場合、建物の共用部の清掃状態や、室内の清潔さをよく見ます。

そのため、日々の共用部の清掃、退去時の室内のクリーニングが大きなポイントになるでしょう。

また、不動産会社が入居希望者に見せる募集チラシも重要です。

チラシの中に入居希望者の知りたい情報が多く入っており、さらには掲載されている写真がきれいな映りであると、なお良いでしょう。

こうしたポイントを押さえるには、不動産会社の協力が必要になってくるため、入居者を募集する前に不動産会社と打ち合わせを行うことをオススメします。

まとめ

今回は、大阪や兵庫で効果的な空室対策についてご紹介させていただきました。

賃貸物件の空室対策は、しっかりした清掃や管理が重要であるため、信頼できる不動産会社に相談することが大切です。

しかし、こうした相談ができるような不動産会社と付き合いがあまりないという方は非常に困ってしまうでしょう。

そこで、大阪や兵庫で地域密着の運営を行っている賃貸経営アザミくんをご紹介させていただきます。

賃貸経営アザミくんでは、賃貸経営のコンサルティングを実施しております。

現在、賃貸仲介料やハウスクリーニング費用0円などのお得なキャンペーンを実施中です。

空室対策をお考えの方は、賃貸経営アザミくんにぜひご相談ください。