賃貸ビル(テナントビル)の空室対策!費用対効果の高い方法について

テナントビルは毎月の収入が大きい一方、空室が発生すると収入が大きく減ってしまうといった特徴があります。

このように空室は非常に深刻な問題であるため、より効果的な方法を用いて短期間で空室対策を行いたいと考える方が多いでしょう。

そこで今回は、テナントビルの空室対策についてご紹介いたします。

まずはエリア調査をしましょう

テナントビルの空室がなかなか埋まらない場合、何かしらの原因があるケースがあります。

家賃が相場よりも高い、その地域のニーズに適していない条件で募集しているなど、様々な原因が想定されます。

このような原因を調査せずに空室対策を行っても、十分な効果が得られないどころか、かえって逆効果になってしまうことも起こり得るのです。

まずはエリア調査を行い、自身のテナントビルの家賃がエリアの相場に適しているのか、設備や募集条件に問題がないかなど空室の原因を探ったうえで、対策を検討していきましょう。

テナントビルの空室対策

テナントビルは賃貸住宅とは異なり、オーナー様の希望によって営業可能な職種を制限することができます。

ただし、この条件を厳しくしすぎると借り手の幅が狭くなってしまうため、空室が埋まらなくなってしまうことがあります。

そのため、最初にエリア調査を行い、その地域にはどんな職種が求められているのかを把握しましょう。

そのうえで、その職種を募集するかどうかを決めましょう。

また、借り手側は少しでも修繕費用の負担を減らしたいと考えています。

もし空室がなかなか埋まらないようであれば、原状回復や修繕費用の一部負担など、サービスを充実させるのも一案です。

空室対策をする際の注意点

空室対策をする場合、真っ先に思い浮かべるのが「家賃を下げる」という解決策です。

相場よりも家賃を下げることができれば、その分需要が増えてすぐに空室が埋まると考える方も多いでしょう。

確かに家賃を下げることはタイミング次第で効果的な方法になりますが、実はやり方を間違えてしまうと物件の資産価値を下げてしまうこともある難しい方法なのです。

また、家賃を下げても空室が発生している本当の原因を解決しないと、空室が埋まらないままであるといったことも起こり得るでしょう。

空室対策は専門知識のあるプロからアドバイスをもらい、そのうえでどの方法が適切なのかをしっかりと判断しないと失敗に終わってしまう可能性があります。

空室対策を行う場合には、信頼できる専門家に相談しましょう。

 

まとめ

今回は、テナントビルの空室対策についてご紹介いたしました。

テナントビルは賃貸住宅とは異なる空室対策を考えていかなければいけないため、非常に難しいものです。

そこで、大阪や兵庫で地域密着の運営を行っている賃貸経営アザミくんをご紹介させていただきます。

賃貸経営アザミくんでは、賃貸経営のコンサルティングを実施しております。

現在、お得なキャンペーンを実施しておりますので、活用してみてはいかがでしょうか。

テナントビルの空室対策でお悩みの方は、賃貸経営アザミくんにぜひご相談ください。