賃貸経営!原状回復を早く終わらせる空室対策とは

今まで住んでいた方が退去する際、部屋を元の状態に戻す原状回復工事を行います。

しかし、この原状回復工事は普段から準備をしておかなければ、予想以上に時間がかかってしまうことがあるのです。

今回は、そんな原状回復工事を早く終わらせるための空室対策についてご紹介いたします。

原状回復が遅くなるデメリット

入居者が退去した後の原状回復工事を行っている期間は、家賃を得ることができません。

家賃が得られないということは、オーナー様の収入が減るということです。

もし家賃収入が減ってしまうと、物件の建築や購入に必要な資金の借り入れの返済プランが狂ってしまう可能性があるのです。

原状回復工事にはこのようなデメリットがあるため、できるだけ工期を短くしたいと思う方が多いでしょう。

原状回復はなぜ時間がかかることがあるの?

原状回復工事を行う場合、施工に関する打ち合わせを行ってから実施することがほとんどです。

この場合、打ち合わせを行うための日程調整や施工内容の確認にどうしても時間がかかってしまいます。

また、打ち合わせ終了後に管理会社からリフォーム会社に連絡したとしても、リフォーム会社が別の案件を抱えていて人員がいないために、工事開始まで待たなければいけないこともあるのです。

こうしたケースは、3月末などのお引っ越しシーズンに起こり得るため、注意が必要です。

原状回復を早く終わらせるには?

先ほどもご紹介させていただいたように、原状回復工事にはオーナー様と管理会社との打ち合わせ、管理会社からリフォーム会社への依頼という2つの工程で時間のロスが発生する可能性があります。

打ち合わせで時間のロスをなくしたい場合には、事前に「この予算に収まれば、内容は事後承認でもいいのでお任せします」といった具合に、ある程度のことを管理会社にお任せする体制にしておくとスムーズに進むでしょう。

また、管理会社からリフォーム会社への依頼に時間がかかってしまう場合は、管理会社に事前に相談しておくことをオススメします。

管理会社によっては複数のリフォーム会社と提携して、退去者が発生した段階でスムーズに動けるような準備をしているところもあります。

もし現在の管理会社がこのような体制ではない場合には、別の管理会社に変えることも一案でしょう。

まとめ

今回は、原状回復工事を早く終わらせるための空室対策についてご紹介させていただきました。

収入を減らさないためにも、原状回復工事はなるべく短期間で済ませたいものです。

こうした退去時のお悩みを抱えている場合には、大阪や兵庫で地域密着の運営を行っている賃貸経営アザミくんにご相談ください。

賃貸経営アザミくんでは、賃貸経営を行っているオーナー様のお力になれるような賃貸経営のコンサルティングを実施しております。

現在、お得なキャンペーンを実施中であるため、原状回復工事をなるべく短期間にしたいとお悩みの方、その他物件に関するお悩みをお持ちの方は、まずは賃貸経営アザミくんにご相談ください。