賃貸経営!長期空室対策に欠かせない取り組みとは?

賃貸物件を所有されているオーナー様にとって、空室は家賃収入が得られなくなるため、非常に深刻な問題です。

そんな空室が長期間に渡って埋まらないと、早急に改善策を考えていかなければいけません。

このような問題には何かしらの原因があるため、自身で原因を考えて対策しなければ解決できません。

そこで、今回は長期空室が発生していることにお悩みの方に向けて、長期空室対策に欠かせない取り組みをご紹介いたします。

家賃を見直す

空室対策としてまず確認するべきポイントは家賃です。

物件があるエリアの家賃相場を調査し、それと比べて所有している賃貸物件の家賃が高すぎないかを確認してみましょう。

また、間取りや立地によっても家賃の相場が変わってくるため、なるべく自身の物件に近い条件の物件をピックアップして調査しましょう。

入居希望者は、家賃を基準に考えることが多いです。

そのため、家賃が高すぎる場合には、すぐに家賃相場に合わせて調整することをオススメします。

設備を見直す

入居者にとって、物件にどのような設備があるのかは非常に重要なポイントです。

例えば、Wi-Fiや宅配ボックスなどは近年人気の高い設備であるため、これらの設備が備わっている物件を中心に探している方もいるでしょう。

もし、ご自身の物件にこのような人気の高い設備がない場合には、導入を検討してみるのもいいかもしれません。

人気のある設備は時代ごとに変化していくため、流行に沿って設備を整えていくことが大切です。

入居者の募集内容・方法を見直す

現在、入居希望者の多くはインターネットで情報を集め、ある程度物件の目星をつけてから不動産屋に行くことが多い傾向にあります。

そのため、インターネット上で物件の情報が目に留まりにくくなっている場合、必然と入居希望者が少なくなってしまうでしょう。

ご自身の物件がインターネット上に掲載されているか、掲載内容に誤りがないかといった確認をしておくことをオススメします。

まとめ

今回は、長期空室対策に欠かせない取り組みについてご紹介させていただきました。

賃貸経営を行ううえで、長期間空室が発生すると収入が大きく減ってしまいます。

そのため、このような問題は早急に改善したいものです。

一方で、ご自身でできる空室対策にも限度があるため、専門知識を持ったプロに相談したいという方も多いでしょう。

そこで、大阪や兵庫で地域密着の運営を行っている賃貸経営アザミくんをご紹介させていただきます。

賃貸経営アザミくんでは、賃貸経営のコンサルティングを実施しております。

現在、賃貸仲介費用やハウスクリーニング費用0円といったお得なキャンペーンを実施中です。

空室対策と併せて、今の時期だけのお得なキャンペーンを活用しましょう。

空室対策でお困りの方は、まずは賃貸経営アザミくんにぜひご相談ください。