賃貸経営で効果的!低費用でできる空室対策リフォームとは?

賃貸経営を行っている方にとって、空室は頭を悩ませる大きな問題です。

空室期間が続く場合には、入居者の心を掴むためにリフォームが効果的だという意見もあります。

しかし、リフォームには費用がかかるため、なるべく費用を抑えたいと考えるでしょう。

そこで、今回は低費用でできる空室対策リフォームについてご紹介いたします。

リフォームを効果的に行う準備

空室が続く場合は、まず物件の募集内容や条件の確認、物件の環境の見直しを行いましょう。

掲載されている物件情報に誤りがないか、物件の写真がきれいに映っているか、物件にごみが散乱しているなどの問題がないかといった確認を行うことをオススメします。

そのうえで、自身の物件に不足している設備などを洗い出してから、リフォームを検討しましょう。

もし、物件に関する問題を放置したままリフォームをした場合、思うような効果が得られないことも考えられるため、注意が必要です。

ターゲットを絞ったリフォーム

自身の物件がどの層をターゲットにしているかを明確にしてからリフォームを行うと、無駄な費用を省くことができます。

例えば、ファミリー向けの物件にしたい場合には、室内乾燥機置き場や追い炊き機能、システムキッチンなどがあると喜ばれます。

一方で、単身者向けの場合には宅配ボックスや防犯カメラのある物件が人気です。

一口に賃貸物件といっても、ターゲットによって必要な設備が異なります。

そのため、必要最低限のリフォームを行う際には、ターゲットを絞ってリフォームしましょう。

住みやすさを意識したリフォーム

設備の中には、人気が高いけれど実は低費用でできるリフォームがあります。

例えば、TVモニター付きインターホンです。

ファミリーでも単身者でも、身の安全を守ることができるこの設備は人気が高く、入居の決め手になることもあります。

そんなTVモニター付きインターホンですが、実は5万円前後で導入可能なのです。

このように、低費用で最大限の効果が得られるリフォームは意外と多くあるため、まずは専門家に相談しましょう。

まとめ

今回は、低費用でできる空室対策についてご紹介させていただきました。

低費用にもかかわらず、空室対策の効果が高いリフォームは多くありますが、ご自身ではどの工事が効果があり、低費用なのか分からないものです。

そのため、こうした相談は信頼できる専門家にするといいでしょう。

そこで、大阪や兵庫で地域密着の運営を行っている賃貸経営アザミくんをご紹介させていただきます。

賃貸経営アザミくんでは、賃貸経営のコンサルティングを実施しているため、低費用でできる空室対策のアドバイスも可能です。

現在、お得なキャンペーンを実施しているため、ぜひ活用してみてください。

低費用でできる空室対策リフォームをお考えの方は、賃貸経営アザミくんにご相談ください。