マンションは売るべきか?貸すべきか?大阪で悩んでいる人必見!

転勤や身内の不幸などの様々な要因で、誰も住まなくなったマンションを持て余してしまうというケースが起こり得ます。

このようなマンションは、売却するか賃貸物件として貸し出しをするかなどの対策を講じることがほとんどです。

しかし、マンションはその地域によって需要が異なるため、売却をするべきか貸し出しをすべきか判断が難しいものです。

特に、関西地方最大の都市である大阪では、人口も多く住みたい都市としての人気が高いエリアであるため、より判断が難しいでしょう。

そこで、今回は大阪でマンションの売却か貸し出しをお悩みの方に向けて、それぞれのポイントをご紹介させていただきます。

大阪でマンションを売るときのポイント

売却を行うことによって、まとまったお金を得ることができる点が最大のメリットです。

また、貸し出しを行う場合と比べても、管理やその後の手間など、余計な負担がなくなるといった点は魅力的です。

さらに、大阪で物件を探している方は非常に多くいらっしゃるため、売れない可能性は他のエリアと比べても少ないでしょう。

ただし、一度売却をしてしまったらその家を買い戻すということは非常に難しくなってしまいます。

そのため、そのマンションに思い入れがある場合や、将来的にまた住む予定がある場合は、売却をオススメできません。

大阪でマンションを貸すときのポイント

マンションを貸す場合、物件を手放さずに収益をあげられることがポイントです。

将来的にマンションに住みたいという場合や、資産を手放したくないという場合には最適の方法です。

さらに、賃貸物件の需要が高い大阪では、賃貸物件最大のリスクである空室のリスクが、他のエリアよりも少ないため、マンションの貸し出しには適しているでしょう。

ただし、物件の管理を委託する不動産会社探しや、その手続きのための手間がかかってしまう場合があります。

さらに、まとまったお金をすぐに得ることができないため、すぐに収益をあげたいという方には不向きかもしれません。

マンションは売るべき?貸すべき?

マンションを売却するか貸し出しするかで悩まれている方は、ご自身の今後の生活や考えを整理してみるとよいでしょう。

マンションに再び住む予定があったり、将来的にまた住みたいと考えているのであれば、貸し出すことをオススメします。

逆に、住む予定も意思もなく、貸し出しをしたときの管理や維持、確定申告の手続きを煩わしいと感じる場合は、売却がいいでしょう。

こうした点を整理することによって、売却すべきか、それとも貸し出しすべきか、どちらが適しているのかが、判ってくるでしょう。

ただし、それでも決められない場合には不動産会社に相談してみることをオススメします。

まとめ

今回は、マンションの売却・貸し出しのポイントをご紹介させていただきました。

マンションを所有している方にとって、どちらにすべきかは非常に悩ましい問題でしょう。

こうした場合、不動産会社に相談することによって、解決の糸口が見つかるかもしれません。

不動産会社であれば、専門家の立場から将来の収益を含めて売却か貸し出しかの判断をしてくれるでしょう。

また、その判断材料として、賃料査定も行ってくれます。

賃料査定を行うことによって、貸し出しをした場合の家賃設定の目安を知ることができます。

それを知ったうえで計算すると、売却した場合よりも収益を得ることができるでしょう。

マンションの売却・貸し出しにお悩みの場合には、不動産会社に相談することをオススメします。