自宅をシェアハウスにして収益化する方法

シェアハウスとは、キッチンやリビングなどの設備を共同で利用するという住み方を指す賃貸住宅です。

一人暮らしが初めてで不安という方や、初期費用を抑えたいという方に人気があります。

こうした層をターゲットに、ご自宅をシェアハウスにして賃貸経営をする方が近年増えています。

そのため、通常の賃貸住宅とは違ったシェアハウスを経営する場合には、どのようにしていくべきか気になる方も多いでしょう。

そこで、今回は自宅をシェアハウスにして収益化する方法について、ご紹介させていただきます。

 

自宅をシェアハウスにするメリット

アパートやマンションなどのような賃貸住宅の場合、各部屋にバスやトイレ、キッチンなどのような設備を設置しなければいけません。

しかし、シェアハウスはさまざまな設備を共同で使用するため、各部屋に設置する必要がなくなります。

その結果、初期費用を大幅に抑えることが可能です。

また、自宅をシェアハウスにすることによって、設備設置にかかる費用の一部を経費として申請することができます。

経費として申請することで、節税ができます。

つまり、自宅をシェアハウスにすることで、家賃収入や節税効果などが生まれるというメリットがあるのです。

 

自宅をシェアハウスにするデメリット

シェアハウスにすることによって、さまざまな人が入居することになります。

当然ながら、どんな人が入居するのかわからないといったことが起こりえます。

ときには入居者との間で、トラブルが起こってしまうこともあるでしょう。

また、入居者が増えることによって、必然的に人づきあいが増えます。

そのため、もともと人付き合いが苦手な方にとっては、自宅をシェアハウスにすることで、疲れてしまう場合があるでしょう。

自宅でゆっくりくつろぎたいという方にとっても、常に人が出入りするシェアハウスは、落ち着くことができません。

そのため、自宅をシェアハウスにする際は、収益だけではなく自宅としての機能や自身の性格などを考慮して検討することをオススメします。

 

自宅をシェアハウスにして収益化するには?

シェアハウスなどのような物件を賃貸住宅として経営するときは、どうしてもリスクがつきものです。

特に、新築からシェアハウスを建築する場合は、大きな費用が発生してしまうでしょう。

賃貸経営をするには、ローリスクを目指すことが大切です。

例えば、シェアハウスを経営する場合は、土地付きの中古住宅を購入することをオススメします。

中古物件であれば新築の場合と比較して、初期費用を抑えることができるでしょう。

また、エリアによっては格安で販売されている場合もあります。

リスクを抑えて収益をあげるのであれば、こうした中古の格安物件を探すとよいでしょう。

まとめ

今回は、自宅をシェアハウスにして収益化する方法について、ご紹介させていただきました。

シェアハウスは、アパートやマンションとは違った経営をしていかなければいけません。

そのうえで収益をあげるためには、シェアハウスに適した経営や事業計画を組む必要があります。

スムーズな収益化を目指す際は、まずは信頼できる不動産会社に相談しましょう。

不動産会社に相談することで、家賃相場やシェアハウス経営に必要な要素など、さまざまなアドバイスをきくことができます。

こうしたアドバイスを活かすことにより、安定した収入を得ることができるでしょう。

自宅をシェアハウスとして経営していく際は、事前に不動産会社に相談してみましょう。