住まない家=セカンドハウス を賃貸に出す方法とリスクについて

転勤や相続などによって、誰も住まなくなった家を所有している方は、意外と多くいらっしゃいます。

誰も住まなくなった家を所有している方は、売却を検討されるケースがほとんどです。

しかし、それ以外にもセカンドハウスとして貸し出しをするといった選択肢もあります。

このような選択肢を検討する際は、そこにどのようなメリットやリスクがあるのかわからなければ、前向きに検討することもできないでしょう。

そこで今回は、住まない家をセカンドハウスとして賃貸に出す方法とリスクについて、ご紹介させていただきます。

 

セカンドハウスを賃貸物件にするメリット

新たに建物を建築して、賃貸物件として経営する場合や中古物件を購入して貸し出す場合は、初期費用に数千万円以上かかってしまいます。

一方で、セカンドハウスを賃貸物件として貸し出す場合は、建築費や物件取得費用がかからないため、少ない初期投資で済むでしょう。

初期投資が少ない、あるいは借り入れがない賃貸経営は、アパートやマンションなどと比べてもリスクを低くできるといったメリットがあります。

 

セカンドハウスを賃貸物件にするリスク

セカンドハウスを賃貸物件にした場合、物件の管理に苦労される方が非常に多いです。

自身の思い入れのある家であれば、その管理を自身でやりたいという考えの方が多くいらっしゃいます。

しかし、物件管理の管理は非常に大変な業務です。

例えば、家賃の回収や設備の故障やその他トラブルの対応など、その業務はさまざまです。

セカンドハウスを賃貸物件にした場合は、このような手間がかかってしまうことを事前にチェックしておきましょう。

仮に、セカンドハウスを賃貸物件として収益を上げることができても、管理に手間と時間を取られてしまう可能性を考慮することが大切です。

 

住まない家=セカンドハウスを賃貸に出すには?

住まない家=セカンドハウスを賃貸に出す場合、まずは不動会社に相談することから始めましょう。

その後、物件の契約形態を決めていきます。

契約形態には、一般的な普通借家契約や契約期間をあらかじめ定めておく定期借家契約など、さまざまです。これらを決めてから入居者の募集を開始し、内覧を行っていくというのが、セカンドハウスを賃貸に出した際の流れです。

物件の貸し出しを行うには、契約形態や家賃設定など、非常に大切なことをいくつも決定する必要があります。

こうした打ち合わせは何度も行う必要があるため、必ず信頼できる不動産会社に相談しましょう。

まとめ

今回は、住まない家をセカンドハウスとして賃貸に出す方法とリスクについて、ご紹介させていただきました。

セカンドハウスとして貸し出しをすれば、家賃収入を得ることができます。

しかし、物件の管理を適切に行っていなければ、さまざまなトラブルが発生してしまう可能性があるでしょう。

安心・安全な賃貸経営を行うためには、信頼できる不動産管理会社に委託するとよいでしょう。

不動産管理会社をお探しの方には、実績豊富な地域密着の不動産管理会社をオススメします。

なぜなら、昔からその地域に特化した経営をしているため、万が一のトラブルにも迅速に対応ができるからです。

さらに、賃貸経営を行うにあたってのアドバイスなど、非常に手厚いサポートも期待できるでしょう。

地域密着の不動産管理会社に依頼することで、賃貸経営のリスクを回避しましょう。