大阪で入居率を上げる方法まとめ

関西地方最大の都市である大阪は、非常に多くの人々が生活をしているエリアです。

それに伴い、マンションやアパート、貸家などの物件も非常に多くあるといった特徴があります。

そのため大阪には非常に多く賃貸住宅があり、中には空室が目立っている物件も少なくありません。

賃貸住宅は空室が発生すると、その分だけ収入が減ってしまうため、早急な対策が必要です。

そこで、今回は大阪で入居率をあげる方法について、ご紹介させていただきます。

 

空室が発生する原因を調査しましょう

入居率を上げるための空室対策を行う前に、まずはその原因をしっかりと把握する必要があります。

空室が多く発生する物件では、大きく分けて「物件の環境が悪い場合」と、「管理状況が悪い場合」の2パターンの原因が想定されます。

この2つの原因のうちどちらか、もしくは両方が発生しているために、空室があると考えられるでしょう。

そのため、物件の様子を直接確認し、管理会社に状況を確認することで、空室の原因を調査しましょう。

 

大阪での物件の環境を改善しましょう

物件の環境が悪い場合は、家賃が相場よりも高いことや、募集状況が悪いといったことがあります。

家賃相場は地域ごとに異なるため、、自身の家賃が相場の金額を大きく上回っていないか確認するとよいでしょう。

また、物件を委託している不動産会社が、インターネットによる入居者募集に力を入れていないために、人が集まらないというケースもあります。

物件の環境を改善するためには、委託している不動産会社に家賃相場、入居者の募集状況などの確認を行う必要があるでしょう。

 

大阪での物件の管理を改善しましょう

物件の管理が行き届いていないために、ゴミが散乱したままだったり、、入居者のトラブルが放置されたままだったりしたために、空室が発生している場合もあります。

物件の敷地内にゴミが散乱していると、入居者だけではなく内覧に来た人にも悪い印象を与えかねません。

さらに、入居者トラブルが放置されていると住みにくい物件だと判断されてしまい、人がどんどん離れてしまいます。

そのようなことを防ぐためにも、物件の管理は信頼できる不動産管理会社に委託し、敷地内の環境整備や、トラブルに対して迅速な対応ができる体制を整えましょう。

 

まとめ

今回は、大阪での入居率をあげる方法についてご紹介させていただきました。

大都市大阪では、多くの人が賃貸住宅を探しており、また十分な賃貸住宅があるエリアです。

そのため、空室が発生しているときは、その原因を解決しないと、入居希望者を周辺の物件に取られてしまいます。

物件への入居率を上げるためには、自身で調査するだけではなく、不動産管理会社と打ち合わせを行い、空室の原因がなにかを洗い出すことが必要です。

また、こうした打合せを行うには、双方の信頼関係が必要不可欠です。

物件の管理は、信頼できる不動産会社にお任せしましょう。