【コロナ禍に効果的】空室対策ですぐにできるアイデアまとめ

2019年12月以降に世界的に流行した新型コロナウイルスによって、私たちの生活は大きく変化しました。

その変化は賃貸経営など、不動産に影響を及ぼすことも例外ではありません。

これからの時代は、コロナに適した方法で、賃貸経営を行っていく必要があります。

今回は、コロナ禍に効果的な空室対策についてご紹介させて頂きます。

 

外観イメージを上げるための清掃

きれいな家に住みたいと考える人は多くいます。

入居希望の方が内見に来た際に、一番見ているのは物件の清掃状況です。

敷地内にゴミが散乱していたり、建物の汚れが目立っていたりすると、それだけで印象が悪くなってしまいます。

まずは清掃を行い、入居希望者の心を掴む環境を整えましょう。

 

リモートワークの環境を整える

コロナの流行によって大きく変化したことといえば、働き方です。

今までは会社に出勤することが大半でしたが、コロナ流行後には感染拡大防止の観点からリモートワークが推奨されるようになりました。

こうした働き方は、コロナが終息した後も変わらないことが考えられるため、今後はリモートワークに対応できる物件が求められるようになるでしょう。

具体的には、インターネット無料化やWi-Fiの設置など、全室のネットワーク環境を整備することが挙げられます。

今後の入居希望者の多くは、リモートワークが快適にできる物件か否かで、物件の判断をすることが多くなるでしょう。

そのため、こうした準備は空室対策には非常に効果的だといえます。

 

デジタルに強い不動産会社に依頼する

コロナの流行により、物件探しの方法にも大きな変化が生じてきています。

今までは、不動産会社に直接足を運んでから物件を探す方が多くいらっしゃいました。

しかし、コロナの流行により、まずはネットで物件の目星をつけてから、不動産会社に向かう方が増えたのです。

これにより、ネットですぐ調べることができる物件ほど、人気が高まるようになりました。

空室対策を行う場合、ネット上で見る人の印象に残りやすいように、掲載を見やすく工夫してくれる不動産会社に依頼することをオススメします。

 

まとめ

今回はコロナ禍において、効果的な空室対策についてご紹介させて頂きました。

コロナの生活によって私たちの生活が変わり、その変化に適応した空室対策が必要になりました。

コロナ禍で賃貸経営を成功させるためには、コロナに適応した対策を考えていかなければいけません。

そのためにも、まずは信頼できる不動産会社に相談することをオススメします。