大阪で家を貸す!貸したい時の注意点まとめ!

相続の発生や引っ越しなど、ライフスタイルの変化によって、誰も住まなくなった家を持たれている方は多くいらっしゃいます。

また、誰も住んでいない家を手放したくないという理由で、そのままにしてしまうといったケースが多々あります。

しかし、人が住まなくなった家は急速に劣化が進むため、近隣の方にご迷惑をかけてしまうのです。

近年、このような空き家問題が問題になっており、特に空き家率が全国第2位の大阪では空き家の対策が進められています。

そのため、大阪では人が住まなくなった家を賃貸物件として貸し出す方が増えているのです。

そこで今回は、大阪で家を貸すときの注意点をご紹介させて頂きます。

 

大阪で家を貸す時には契約内容に注意!

家を貸す場合は、契約内容を入念に確認しておかないと、トラブルに繋がってしまう可能性があります。

契約には、普通借家と定期借家の2種類があります。

普通借家は、契約期間が満了しても貸主側の都合で契約を打ち切ることができません。

それに対し、定期借家は契約期間が満了した時点で更新する必要がなくなるため、家が帰ってきます。

他にも、原状回復の取り決めや、その他細かいことなどを入念に確認することが大切です。

大阪には、非常に多くの不動産会社があるため信頼できる会社を見つけて、しっかりと打ち合わせを行いましょう。

 

物件の管理に注意!

家を貸す場合は、物件の管理に注意が必要です。

多くの方は、不動産管理会社に委託を行い、管理を依頼しています。

しかし、中には不動産会社を経由せず、自身で管理されている方もいらっしゃいます。

自身で管理する場合は、不動産会社へ管理費を支払わないためコストを抑えられますが、物件の清掃やクレームに対応する必要があるといえるでしょう。

また、物件の管理方法にはそれぞれにメリット・デメリットがあるため、管理方法は慎重に決定しましょう。

 

収支計画に注意!

家を貸す場合は、リフォームを行ってきれいにする必要があります。

リフォームには費用が発生するため、家賃収入で回収していく必要があるでしょう。

しかし、出費と家賃収入を比較すると、出費の方が多くなってしまうケースもあります。

そのため、家を貸す場合は、必要となる費用と回収が見込める家賃収入、その他税品の支払いなどを含めた事業計画書の作成が必要不可欠です。

赤字を避けるためには、信頼できる不動産会社に相談し、事業計画書の作成を依頼しましょう。

 

まとめ

今回は、大阪で家を貸す場合の注意点について、ご紹介させて頂きました。

人が住まなくなった家をそのままにしていると、さまざまなトラブルにつながってしまう可能性があります。

そのため、空き家を活用することをオススメします。

家を貸す場合は、契約内容や管理について、慎重にチェックすることが大切です。

トラブルを回避したい場合は、信頼できる不動産会社に相談しましょう。