大阪で空き家活用で古民家カフェ経営!費用や流れまとめ

首都圏を中心に、民家の内装をリフォームして運営する、古民家カフェが増えています。

古民家カフェは、通常のカフェよりも趣があって、非常に人気が高まっています。

そのため、空き家を利用して古民家カフェを経営しようと考えている方は、非常に多くいらっしゃいます。

大阪でも例外ではなく、レトロな雰囲気漂う古民家カフェが、増えているのです。

そこで今回は、大阪で古民家カフェを経営しようと考えている方に向けて、目安となる費用や経営の流れをご紹介させて頂きます。

 

大阪で古民家カフェを経営する前に準備すること

古民家カフェを経営するには、お店となる建物や器具、資格に着目しましょう。

お店となる建物は、自身の所有する空き家があれば問題ありませんが、物件を所有していない場合は売り物件を購入する必要があるのです。

また、どのエリアで運営していくのかを、考える必要があります。

例えば、大阪ではレトロタウンとして有名な中崎町が古民家カフェの需要があるため、こうした需要のあるエリアを中心に検討してみましょう。

また、古民家カフェを経営するためには、食品衛生責任者の資格が必要不可欠です。

事前に、このような資格についてもチェックしておきましょう。

他にも、食器やレジ用品なども古民家カフェに必要不可欠です。

このように、古民家カフェの経営を始める前は、万全な準備をしておきましょう。

 

古民家カフェ経営の流れは?

まずは、食品衛生責任者などの資格を取得しましょう。

資格の取得には時間がかかるため、事前にチェックしておきましょう。

資格取得後は、物件を探します。

どのエリアで経営するのかを考え、不動産会社へ足を運び、物件を探しましょう。

魅力的な物件が見つかったら、契約を結び、その後リフォームを行います。

建物のリフォーム終了後は、開業に必要な申請を行いましょう。

古民家カフェのような、飲食を取り扱うお店の場合は、保健所の許可が必要です。

また、営業を開始するための開業届の申請など、必要な手続きは多くあります。

これらの申請がすべて終われば、あとは必要器具を揃えて、開業しましょう。

 

大阪で古民家カフェを開業するための費用は?

古民家カフェを経営する場合は、中古の物件の購入や器具の調達など、費用がかかります。

しかし、仮に古民家カフェとして使用する建物が、自身の持ち家である場合は、物件の購入費はかかりません。

そのため、内装のリフォーム費用と器具の調達などで、合計600万円から800万円が必要になることが予想されます。

また、持ち家ではなく中古物件の購入が必要になる場合は、この金額に加え、土地と建物の購入費が追加されるでしょう。

土地と建物の購入費は、エリアによって異なるため、信頼できる不動産会社に金額を確認することをオススメします。

 

まとめ

今回は、古民家カフェ経営の目安となる費用や経営までの流れを、ご紹介させて頂きました。

開業までには、様々なステップを踏み、準備を進める必要があるといえるでしょう。

また、持ち家がなければ条件にマッチした物件を探す必要があります。

古民家カフェの経営を検討している際は、信頼できる不動産会社で物件を探してみましょう。