大阪のアパート経営の年収まとめ

関西一の大都市である大阪は、人口が多くアパート経営での需要が見込めるエリアです。

そんな大阪でアパート経営をしている方や、これから始めようとしている方にとって、年収は非常に気になるものでしょう。

今回は、大阪でアパート経営をした場合の年収についてご紹介させて頂きます。

 

アパート経営の収入は?

アパート経営では、毎月の家賃として安定した収入を得ることが可能です。

しかし、もしも空室が出てしまった場合、その分の収入が減ってしまうため、不安に感じる方も多くいらっしゃるでしょう。

国税庁の調査によれば、令和元年の国内不動産所得の平均金額は521万円とされています。

この数値にはオフィスビルやワンルームマンションも含まれているため、一概にアパートだけの収益を算出することはできません。

しかし、空室などを加味しても平均として決して少なくない額の収益を得ている方が多いです。

 

アパート経営の支出にはどんなものがあるの?

アパート経営を行っていくにあたって、必要経費として支出が発生するため、家賃が全て収入となるわけではありません。

まずは、アパートを建築した際に金融機関から借り入れを行っていた場合は、ローンの返済があります。

これに加えて、保険料や不動産会社に支払う管理費などが発生するでしょう。

さらに、退去者がいれば、その都度修繕費やリフォーム費などの支出があります。

アパート経営を行う場合は、家賃収入だけではなく支出を考えて経営を行っていかなければいけません。

 

大阪のアパート経営の年収はどれくらい?

アパート経営は、1年間で得た家賃などの収入から支出を差し引いた額が年収となります。

一口に大阪といっても、大阪市や堺市のように人口の多いエリアもあれば、人口の少ないエリアもあります。

このエリアごとに平均家賃も異なるため、一概には言えません。

一例として、10室のアパートを家賃9万円で貸していた場合についてご紹介させて頂きます。

この場合、毎月の収入が90万円、年間での収入は1080万円です。

ここから支出が毎月30万円、年間で360万円だと仮定した場合の収入は720万円となります。

さらに、ここから税金を差し引くと、年収はおよそ618万500円となります。

ただし、これはあくまで一例であり、アパート経営を行うエリアやその他諸条件によって収入額は変動するでしょう。

収入をシミュレーションしたい場合には、不動産会社に相談することをオススメします。

 

まとめ

今回は大阪でアパート経営をした場合の年収についてご紹介させて頂きました。

アパート経営を行う場合は、お部屋の数や家賃、銀行からの借入額、その他の諸条件によって収入額は変わっていきます。

こうしたアパート経営のシミュレーションはなかなか自身ではできないものです。

アパート経営を行う際の収入について気になるという方は、まずはプロである不動産会社に相談してみましょう。