大阪のオフィスビルの空室対策で入居率を改善する方法

オフィスビルは、賃貸住宅事業において安定した収入を得ることができる魅力があります。
しかし、万が一空室が生じた場合には、次の入居者が決まらないと収入が大きく減ってしまうリスクもあります。
大阪では大阪市や堺市を中心に、オフィスが数多く建築されているため、競合が多いといえるでしょう。
そのため、現在の入居者を退去させない環境づくりを行いつつも、空室が生じた場合のことも考え、入居率を改善する方法を用意しておく必要があります。
今回は、大阪でオフィスビルを経営する方に向けて、空室対策についてご紹介させて頂きます。

空室対策にはリノベーションが効果的

空室対策の基本は、物件の資産価値を高めることです。
そのためには、その地域のニーズに適したリノベーションを行うことが効果的だといえるでしょう。
リノベーションを行う場合には、周辺物件との差別化を図り、物件に付加価値をつけることを意識することが大切です。
この点を誤ってしまうと、リノベーションを行っても、効果が得られない恐れがあります。
まずは周辺物件の調査と、どんなリノベーションを行う必要があるのかを検討しましょう。

建物のリノベーションを行う!

建物の環境を整えることによって、既存の入居者はもちろんのこと、入居希望者の心を掴むことができるでしょう。
建物のリノベーションを行う場合、共有部と専有部をリノベーションする方法が挙げられます。
エントランスやエレベーターなどの共有部のリノベーションを行うことによって、築年数が経過しているビルでもイメージを一新することが可能です。
専有部は、そこで働く方のモチベーションにも繋がるため、社員のモチベーションを意識している企業にとっては大変魅力的に感じるでしょう。
築年数が経過していても、美観を意識したリノベーションを行うことによって、快適な空間に生まれ変わらせることができます。

設備のリノベーションを行う!

電気や水道、インターネット環境などのライフラインは、快適に働くために非常に重要なポイントです。
特にインターネットは、円滑に仕事するために必要不可欠な要素です。
そのような設備は、技術の発展や新しい法律や規則ができた場合に、最新のシステムへ更新しなければいけなくなることもあります。
その場合には、既存の建物の状況を鑑みながらリノベーションを行う必要があるため、複雑な工事となります。
しかし、働きやすさを意識し、設備を安全に滞りなく使用するためには、設備のリノベーションが重要といえるでしょう。

まとめ

今回は大阪でオフィスビルの賃貸経営する方に向けて、空室対策をご紹介させて頂きました。
オフィスビルはアパートなどの賃貸住宅とは異なり、時代に合わせたリノベーションを随時行っていく必要があります。
しかし、それにも相応の費用がかかるため、最小のリノベーションで最大の効果が得られるように工夫しなければいけません。
リノベーションを行うには自身の観点だけではなく、様々な視点から考えていく必要があります。
オフィスビルの空室対策を検討される場合、プロである不動産会社に相談してみるのも1つの手かもしれません。

LINE公式アカウントでは、賃貸経営についての情報が満載!!

友だち追加