一戸建てを貸したい時に知っておくべき手順と注意点

一戸建てを貸したい時に知っておくべき手順と注意点

転勤による状況の変化や、住んでいた方が亡くなってしまい一戸建てを相続された場合などは、その一戸建てを今後どうするか悩まれる方が多くいらっしゃいます。

売却しようと思いつつも、せっかくの資産を手放したくないという考えもあるため、頭を抱えている方も多いでしょう。

そんな時は、売却をせずに一戸建てを貸し出すことも一案です。

しかし、どんな手順で貸し出しを行うのか、どんな点に注意するべきなのか分からなければ、スムーズに進めることができないでしょう。

そこで、今回は一戸建てを貸し出す際の手順や注意点について、ご紹介させて頂きます。

 

一戸建てを貸すメリットはあるの?

人が住まなくなった家は、急速に劣化が進んでしまうものです。

しかし、一戸建てを貸し出すことで、こうした急速な劣化を防ぎ、資産を守ることが可能です。

家の劣化を防ぐと、将来的にその家に戻って再び住むこともできるでしょう。

また、空き家となった一戸建ては、そのままの状態では何も収益を生みません。

賃貸物件として貸し出しを行うことによって、家賃収入を得ることができるのです。

もし、まだローンが残っている場合は、その収益を返済に充てることもできるでしょう。

このように、住まなくなった空き家を放置や売却せずに、賃貸物件として貸し出しを行うことで、様々なメリットを生むことができるのです。

 

一戸建てを貸したい時に知っておくべき手順とは

一戸建てを賃貸住宅として運用する際は、まずは不動産会社に相談する必要があります。

不動産会社と家賃設定や入居条件、その他賃貸住宅として運用していくための打ち合わせや取り決めを行い、そのうえで契約を締結します。

その後、不動産会社と共に入居希望者を探すという流れになるでしょう。

このように、家賃や入居条件などは専門家である不動産会社に相談することで、相場や他の物件も参考にしながら決定しましょう。

 

一戸建てを貸したい時の注意点は?

不動産会社には、売買に特化している会社や賃貸をメインに行っている会社など、それぞれに特徴があります。

一戸建ての貸し出しを行うには、賃貸に強い会社であり、尚且つ実績が多くある会社を探す必要があるのです。

また、賃貸だけではなく売買にも強い会社であれば、万が一将来売却を検討する際にも、心強い存在になるでしょう。

そのため、一戸建てを賃貸住宅として運用する際は、不動産会社選びに着目する必要があります。

 

まとめ

今回は、一戸建てを貸し出す時の手順や注意点を、ご紹介させて頂きました。

住まなくなってしまった一戸建てを賃貸住宅として運用すると、様々なメリットがあります。

しかし、適切な運用を実現するには、賃貸に強い不動産会社を探す必要があるのです。

そこで、今回は関西の不動産の賃貸化に特化した、アザミグループをおすすめします。

アザミグループには、所有している一戸建てなどの物件を賃貸住宅として活用してきた、多数の実績がございます。

さらに、賃貸だけではなく物件の管理や売買なども行っているため、総合的なサポートも可能です。

住まなくなってしまった一戸建てにお悩みの方は、まずはアザミグループにご相談ください。

LINE公式アカウントでは、賃貸経営についての情報が満載!!

友だち追加