関西でアパートを貸すときに知っておくべき事と管理について

関西でアパートを貸すときに知っておくべき事と管理について

相続で土地を引き継いだ方や、節税のためにアパート建築を検討されている方は、非常に多くいらっしゃいます。

特に、大阪や兵庫などの人気があるエリアでは、アパート経営を行うことで安定した不動産所得を得ることもできるでしょう。

しかし、アパート経営は物件や土地を所持していても、難しい点や注意するべきポイントが数多くあります。

今回は、関西でアパート経営をご検討中の方に向けて、知っておくべきことや管理についてご紹介させて頂きます。

 

アパートを貸すメリットとデメリットは?

アパート運営を行っている方の中には、相続税や固定資産税の節税が目的である方が多くいらっしゃいます。

土地を所有されているオーナー様は、万が一相続が発生してしまった場合、莫大な相続税を支払う必要があるかもしれません。

こうした事態に備えて、所有する土地にアパートを建築することによって、相続税対策を行えるのです。

更地では固定資産税が高くなってしまいますが、アパートを建築することによって、固定資産税の減税と、不動産所得を得ることができるというメリットがあります。

一方で、管理が大変というデメリットもあります。

アパートには、当然ながら様々な人が住みます。

その中で、入居者同士や近隣住民とのトラブルが起こってしまう可能性もあります。

また、空室のリスクも忘れてはいけません。

アパート運営をしていても入居者がいなければ、不動産所得を得ることができません。

そのため、効率良く入居者を集めることはもちろん、長く安定して住んでもらえるような環境を考える必要があるといえるでしょう。

アパートを貸す際は、メリット・デメリットを事前にチェックしておきましょう。

 

アパートを貸す時に知っておくべき事

アパート経営を行う際は、事前の準備が欠かせません。

例えば、そのエリアの家賃相場・どの世代に人気があるのか・建築コストに対して収益は何%なのかなど、様々なポイントをチェックする必要があります。

また、建築後の管理についても、事前に考えておきましょう。

このような点を事前に考慮したうえで専門家である不動産会社に相談し、すり合わせを行っていきましょう。

アパートを貸す際は、アパートを建築してから30年先を見据えることが、重要なポイントになります。

 

大見出し:アパートの管理はどうすればいいの?

アパートの管理は、自身で管理する方法と、不動産会社に委託する方法があります。

自身で管理する場合は、不動産会社に支払うはずの管理委託費を、そのまま得ることができます。

また、入居者と直接やり取りをするため、入居者との距離が近くなり、信頼関係を築くこともできるでしょう。

ただし、住民同士のトラブルや備品の破損、家賃滞納などのトラブルが発生した場合は、全て自身で対応しなければいけません。

こうした対応が難しい場合には、不動産会社に管理を委託するといいでしょう。

不動産会社に委託した場合は、トラブルを迅速に解決してくれます。

また、入居者からの問い合わせにも対応してくれるので、管理の負担が大きく減るのです。

さらに、空室が出た場合は、これまでのノウハウを生かした最適な解決策を提案してくれるでしょう。

アパート管理に不安を感じている方は、不動産会社に委託することをおすすめします。

 

まとめ

今回は、関西でアパート経営をご検討中の方に向けて、知っておくべきことや管理についてご紹介させて頂きました。

アパート経営は、建てた後にどのように管理していくかが重要といえるでしょう。

そのため、アパートの管理は不動産会社に委託することをおすすめします。

しかし、適切な管理を実現するには、信頼できる不動産会社に依頼する必要があります。

そこで、アパートの管理にお悩みの方に向けて、アザミグループをご紹介させて頂きます。

アザミグループは、関西の不動産に特化しているため、管理や賃貸運営に関する実績が多数あります。

関西でアパート経営をお考えの方は、まずはアザミグループにご相談ください。

LINE公式アカウントでは、賃貸経営についての情報が満載!!

友だち追加