空き家の運用方法について

相続やその他の事情により家を相続したものの、その扱いに困ってしまう方が非常に多くいらっしゃいます。

家をそのまま放置することによって、誰も住まない空き家が増え続ける空き家問題が、増加しています。

家は人が住まなくなると劣化が急速に進んでしまうため、空き家を放置しているとすぐにボロボロになってしまうでしょう。

空き家問題は、全国的に年々数が増えているため、早急な対策が必要といわれています。

特に、政令指定都市の中でも空き家の数が日本一とされる大阪や、隣接する兵庫では、住宅の需要があり、また人口も多いため、対策は急務です。

そこで、今回は空き家の扱いに困っている方に向けて、空き家の運用方法についてご紹介させて頂きます。

 

空き家の放置はトラブルの原因になる?

空き家は、放置しているとすぐにボロボロになってしまいます。

その状態で台風や地震などが発生した場合、屋根の崩壊や建物の崩壊が起こる確率は決して低いものではありません。

また、放置された空き家が原因で近隣住民や通行人に怪我をさせてしまった場合、その責任は所有者のものとなります。

さらに、空き家対策特別措置法が施行されるようになり、今まで受けられていた固定資産税の軽減措置がなくなったことから、空き家を持つことに負担が増加しています。

 

空き家の活用のメリットデメリット

空き家を所有されている方が活用法を検討する場合、リフォームやリノベーションを行ってから貸し出しを行う場合がほとんどです。

その地域のニーズやターゲットを明確にして、貸家として運用を行えば、家賃収入を得ることが可能になるでしょう。

ただし、リフォームやリノベーションなどのような初期投資には、多額の費用がかかるため、現地の調査を怠って不適切な事業計画を組んでしまった場合は、初期投資費用の回収ができないといったデメリットもあります。

 

空き家はどのようにして運用すればいいの?

空き家を運用する前は、その土地の現地調査と周辺物件の確認が必要です。

その地域の設定家賃や需要、どういった人がターゲットになるのかを確認しましょう。

また、建物の間取りなども重要なポイントなので、併せて確かめておきましょう。

このような情報は、自身ではなかなか調べることができないため、信頼できる不動産会社に相談することが重要になります。

貸家は、人口が多い場所であればあるほど、需要が高まります。

特に、大阪や兵庫は全国で人気のエリアなので、これらのエリアで空き家の活用を検討すれば、多くの不動産会社が相談に乗ってくれるでしょう。

 

まとめ

今回は空き家の運用方法についてご紹介させて頂きました。

空き家を運用する場合には、事前の調査が必要不可欠です。

そのため、信頼できる不動産会社に相談して、プロの知識を基に事業計画を考えていかなければいけません。

このような場合には、地域密着の管理会社に相談することをオススメします。

地域密着型の管理会社は、普段からそのエリアで活動しているため、地域の情報や豊富な経験則があり、頼りになります。

また、貸家の管理を依頼する場合には迅速な対応と丁寧なアフターサービスが可能です。

空き家を活用して運用することをご検討の際には、地域密着型の管理会社に相談することをオススメします。