空き家の活用方法について徹底的に解説

近年、誰も住まなくなった家がそのまま放置されている空き家問題が注目されています。

特に大阪では、空き家の数が政令指定都市の中で一番多く、隣県の兵庫では36万戸以上の空き家があることが深刻な問題となっています。

放置された空き家は次第に劣化していき、様々な問題が起こり得るため、早急に解決をしていかなければいけない問題です。

しかし、家を相続したものの、どうしたらいいのか分からないという方が多くいらっしゃり、どうすることもできないまま放置してしまっているケースもあるため、なかなか解決が見えてこないのが現状です。

そんな空き家ですが、上手に活用すれば収入源として活躍できることはご存じでしょうか。

今回は、空き家の活用方法についてご紹介させて頂きます。

 

空き家を放置するとリスクがある?

空き家は放置していると急速に劣化が進みます。

そのため、台風や地震による倒壊や、倒壊によって近隣住民や通行人へ怪我をさせてしまうといったリスクがあるのです。

また、不審者による不法侵入や放火の被害など、犯罪被害にあう恐れもあります。

さらに、2015年に施行された『空き家対策特別措置法』に基づき、問題のある空き家に対しては固定資産税の軽減措置が解除されて税金負担が重くなるといったことも。

このように、空き家に対して何も対策をせずに放置していると、様々なトラブルに発展する可能性があることを忘れてはいけません。

 

空き家にはどんな活用方法があるの?

様々な事情により空き家を取得した場合、活用を検討される方は収益物件として活用することが多いです。

その場合、リフォームやリノベーションをしてから賃貸に出すと、より入居率を上げることにつながります。

ただし、リフォームやリノベーションにも相応の費用が掛かるため、このような費用を家賃で回収できるかを見定めて事業計画を組む必要があります。

そのエリアの賃貸需要や平均家賃がどれくらいかについても、知っておくといいでしょう。

大阪や兵庫では、新大阪駅や神戸駅など利用者の多い駅へアクセスしやすいエリアに需要が多くあり、平均家賃も高い地域でもあります。

一口に貸家といってもターゲットやニーズを見極めていく必要があるため、事前に周辺エリアを調査することは必須です。

 

空き家を安心して活用するために

事業計画やエリア調査を行い、問題ないと判断して賃貸住宅に活用する場合、管理に関することが最も重要なポイントとなります。

収益物件は、入居者により長く住んでもらえることが成功の秘訣です。

管理会社が不適切な対応をしていたり、物件の管理が不足していたりすると、入居者はすぐに退去してしまうかもしれません。

このような状況に陥らないためにも、信頼できる不動産管理会社に管理を依頼するといいでしょう。

 

まとめ

今回は、空き家の活用方法についてご紹介させて頂きました。

空き家を賃貸へ活用する場合には、綿密な調査と費用などの事業計画を組む必要があります。

しかし、このような情報はなかなか自身で調べることは困難でしょう。

さらに、空き家を活用した場合には、その後の管理を信頼できる不動産管理会社にお任せする必要があります。

そこで、地域密着の管理会社に相談することをオススメします。

地域密着型の管理会社は、そのエリアの賃貸需要や平均家賃、その他の状況をしっかりと把握していることがメリットです。

また、専門的な知識があるため、空き家の活用を検討した場合には具体的なアドバイスをしてもらえます。

空き家の活用をご検討の際には、地域密着型の管理会社に相談してみましょう。