空き家の収益化は可能なのか?

相続によって今まで両親が住んでいた空き家を取得される方にとって、その家をどうしていくのかは大きな悩みの種でしょう。

このような場合、空き家を収益物件として活用して収入を得たいと考える方もいらっしゃいます。

しかし、空き家の収益化には一定のリスクが伴うため、なかなか行動に移せないものです。

そこで、今回は空き家の活用を考えている方に向けて、空き家の収益化は可能なのかについてご紹介させて頂きます。

 

空き家の収益化に必要な準備

築年数が新しい空き家でも、そのまま収益物件として貸し出しを行うことは非常に難しいです。

空き家を収益物件として活用するためには、リノベーションやリフォームを行い、内部をきれいにするだけではなく、より住みやすい環境に整える必要があります。

また、断熱設備や防音設備の導入、IHやオール電化の導入など、収益物件としての付加価値をつけることも大切です。

さらに、人が住んでもきれいな状態を保てるように、耐久性の高いクロスへ変えるなど、収益を意識した内装にしましょう。

このような事前準備は、空き家の収益化に必要不可欠です。

 

空き家の収益化にはリスクがある?

空き家を賃貸住宅として運営していくためには、事前のリフォームやリノベーションなど、初期投資に相応な費用が発生します。

投資にかかった費用は、賃貸経営をしていく中で、家賃という形で回収していかなければいけません。

そのため、空き家を収益物件として運用していく際は、初期投資費用をしっかりと回収することができるかのプランニングが重要です。

このような準備を怠ると、初期投資費用を回収できないまま、土地を手放す事態になる可能性もあります。

空き家の収益化は、事業です。

事業にはリスクがつきものという認識を、しっかりと持っておきましょう。

 

空き家の収益化の前に抑えておくべきポイント

空き家を収益化する前に、そのエリアでの収益物件の需要や、家賃の相場の確認は必須です。

需要がないエリアでは、いくら空き家をきれいにしても、借り手が見つからない可能性があります。

また、家賃の相場が低いエリアでは、初期投資費用の回収に時間がかかってしまうため、リスクが増加してしまうでしょう。

この2つの条件を満たすのが、都心部です。

東日本であれば東京やその周辺エリア、西日本であれば大阪や兵庫などのエリアです。

大阪や兵庫は、新大阪をはじめとした大きな駅へアクセスしやすいエリアへの需要があり、人気が高いため、空き家の収益化につながります。

また、このようなエリア調査に加えて、管理を依頼する会社の選定も重要です。

そのエリアに需要があっても、管理が不適切であれば、人が寄り付かなくなってしまいます。

これら全てのポイントを抑えたうえで、収益物件の運営に問題がなければ、空き家の収益化をオススメします。

まとめ

今回は、空き家の収益化は可能なのかについてご紹介させて頂きました。

空き家を収益物件として運営するには、相応のリスクがあるため、それを見極めて客観的に判断できるプロの意見が重要です。

しかし、収益化に関する疑問は、どこに聞けばいいのか分からないものです。

そこで、地域密着の管理会社に相談することをオススメします。

地域密着型の管理会社であれば、そのエリアの家賃相場や需要をしっかりと把握しています。

さらに、専門的な知識があるため、そのエリアで空き家を収益物件として運営をしていくための良質なアドバイスをしてくれるでしょう。

また、昔からその地域に根付いた経営をしているため、入居者のトラブルにも迅速に対処してくれるので、安心して依頼できます。

空き家を収益化したいと考えている方は、地域密着型の管理会社に相談してみてはいかがでしょうか。