マンションや戸建てなど空室対策のアイデアを公開します。

マンションや戸建てで賃貸経営をされているオーナー様にとって、空室は頭を悩ませる大きな問題です。

安定した収入が見込めるはずの賃貸経営ですが、空室が増えればその収入が徐々に減っていってしまうでしょう。

こうした危険もあるため、オーナー様としては早急な空室対策を行い、収入を安定させる必要があるのです。

しかし、漠然と空室対策をしようにも、どのようなことをするべきかなかなか分からないものです。

そこで、今回はマンションや戸建てで賃貸経営をされているオーナー様に向けて、空室対策のアイディアをご紹介させて頂きます。

 

大阪や兵庫内のエリア調査をする

空室対策を行う上で大切なポイントは、地域の家賃相場とニーズの把握です。

同じ間取りで同じ築年数の建物であっても、エリアによって家賃相場は大きく異なります。

大阪であれば大阪市北区や中央区、兵庫では神戸市中央区や兵庫区などは、周辺エリアと比較して家賃相場が高いエリアとも言われています。

また、築年数の経過した物件は、一般的に新築と比べて家賃が低く設定されている場合が多いものです。

こうした物件があるエリアにおける家賃相場や、築年数を加味して家賃設定が適正であるかを判断する必要があります。

現在では、インターネットで簡単に家賃を調べることができる時代です。

もしも、相場よりも極端に家賃を高く設定していた場合、入居者は周辺の物件と比較して候補から外されていた可能性が高いです。

自身の物件の家賃が適正かどうかを確認するためにも、まずはエリアの調査を行いましょう。

 

入居者の退去を減らす

物件に一度入居された方がその後も長く住み続けた場合には、空室対策に頭を悩ませることはなくなるでしょう。

こうした観点で考えると、空室対策は入居者がまだ住んでいる状態から行うべきなのです。

入居者が長く住み続けたいと思えるポイントとしては、管理がしっかりしているということです。

物件の共用部などにおいて、清掃が行き届いていると非常に住み心地がいいと感じるでしょう。

また、室内設備の故障や入居者同士のクレームに対して迅速に対応するということも、重要なポイントです。

これらのトラブルを放置していると、自然と入居者は離れていってしまいます。

こうした管理状況を一度見直し、入居者にストレスを与えていないかを見極める必要があります。

 

入居者募集の方法を改善

一昔前では物件を探す際には、まずは不動産会社に足を運ぶことが大半でした。

しかし、現在ではインターネットである程度情報を収集してから不動産屋に行って決めていく方が増えてきました。

そのため、インターネットに物件を掲載しているかということも重要なポイントです。

物件を所有されている多くのオーナー様は、不動産会社と付き合いがあるでしょう。

その不動産会社がインターネットにも情報を掲載してくれているのか、客付け力があるかを一度確認してみましょう。

また、大阪や兵庫では物件の数が非常に多いため、その中でも入居者の目に留まりやすいような工夫をしてくれるかという点も大切です。

もしも、その不動産会社に不安を感じているようであれば、別の会社を探すことも視野に入れるのも一つの選択肢です。

 

まとめ

今回はマンションや戸建てなどの賃貸住宅における、空室対策のアイディアをご紹介させて頂きました。

賃貸経営は建物を建てる時だけではなく、建てた後の管理状況も非常に重要なのです。

こうした賃貸経営を行っていくためには、信頼できる管理会社を見つけて、連携をしながら運営を行う必要があります。

もしも、お持ちの物件の空室対策に不安を感じていらっしゃるのであれば、地域密着の管理会社に相談をすることがオススメです。

地域密着型の管理会社であれば、そのエリアの家賃相場や状況をしっかりと把握しています。

また、昔からその地域に根付いて物件の管理を行っているため、トラブルも迅速に対処してくれます。

さらに、地域のネットワークを駆使した安定した客付け力にも期待できるため、安心して任せることができるでしょう。

マンションや戸建てなどの空室対策をお考えの際には、地域密着型の管理会社に相談をすることをオススメします。