空室対策に効果的なチラシについて教えます

空室への対策は、賃貸経営を行う中で悩まされる問題です。

物件の空室がなかなか埋まらない場合、家賃を下げることやリフォームをすることで解決しようと考えるオーナー様が多くいらっしゃいます。

しかし、家賃を下げることによる収入の下落や、リフォームを行うことで資金を投入するなど、リスクを伴う方法でもあります。

賃貸経営をされるオーナー様にとっては、なるべくリスクを負わず、費用を掛けずに空室対策を行いたいものでしょう。

実は、空室対策として入居者や仲介会社に物件をアピールをするためのチラシを作製するといった方法があるのはご存じでしょうか。

この方法は大きなリスクを負わずに空室対策を行うことができますが、いくつかのポイントを抑えたチラシ作りをしなければ効果が見込めません。

そこで、今回は空室対策に効果的なチラシについてご紹介させて頂きます。

 

入居者の心を掴むチラシのポイント

多くの物件チラシは、白黒であったり、情報が端的であるため、大切な情報がなかなか伝わりにくいケースが多いです。

このようなチラシと差別化を図るために、まずはカラー印刷で物件の写真を掲載するといいでしょう。

チラシで物件の様子が分かると、イメージしやすいものです。

さらに、チラシの中には駅からのアクセスだけではなく都心部への電車アクセスの記載や、物件設備の詳細を掲載することをオススメします。

仲介会社の方が、そのチラシ1枚を見れば知りたい情報がすぐに分かるため、積極的に物件を紹介してくれる可能性もあります。

また、入居希望者としてもチラシに必要な情報が細かく掲載されていれば、物件を見に行こうと思えるはずです。

これらのポイントを抑えたうえで、家賃や敷金・礼金の有無の記載、間取りなど、基本な情報も忘れずに記載して、物件をアピールしましょう。

 

大阪や兵庫で物件を探す方をターゲットにする

大阪や兵庫には賃貸住宅が数多くあり、インターネットで検索するだけでも数えきれないほど大量の情報が見つかります。

単身者も家族連れの方でも住みやすい大阪や兵庫では、他県から移り住む方が多くいらっしゃるため、今後も賃貸需要が見込めるエリアです。

そんなエリアで多くの方に物件のチラシを見てもらうためには、様々な媒体を用いる必要があります。

不動産業者専門の不動産情報サイト「レインズ」への掲載、店頭で入居希望者に物件を紹介する時に用いる紙媒体のチラシ、管理会社からのメール、物件検索サイトへの記載など、数多くの手段があります。

これらを駆使することによって、大阪や兵庫で物件を探す方の目に留まる可能性が高まるでしょう。

 

知りたい情報が分かりやすく伝わるチラシ

先ほど、チラシに写真などを掲載するとより効果的になるとご紹介させて頂きました。

しかし、数多くある物件のチラシを、1つひとつ丁寧に見ている方はあまり多くないでしょう。

チラシを流し読みしていくなかで、なんとくなく気になるものをじっくりと調べていく方が多くいらっしゃいます。

そのため、チラシは写真やグラフなど情報が伝わりやすいものや、物件の魅力がすぐに伝わりやすいキャッチコピーがあるといいでしょう。

チラシは、より多くの方に物件を見てもらうためのツールであるため、客観的に見て情報が伝わりやすいように気を付けて作成しましょう。

 

まとめ

今回は空室対策に効果的なチラシについてご紹介させて頂きました。

賃貸経営を行っていく中で、空室対策を怠ると入居者が減ってしまう可能性があります。

より多くの方に物件を知ってもらうためには、チラシを分かりやすく丁寧に作成しましょう。

ただし、チラシ作りがうまくいって空室が埋まったとしても、物件を適切に管理していないと、またすぐに空室が生まれてしまうでしょう。

そのため、物件を安心して任せることができる管理会社を見つける必要があるのです。

信頼できる管理会社として、地域密着の管理会社に依頼することをオススメします。

地域密着の管理会社は、その地域のニーズをしっかりと把握しているため、より効果的なチラシ作りに役立つ情報も多く持っています。

また、昔からその地域で運営しているため、オーナー様の悩みにも親身になってくれるでしょう。

物件の空室にお悩みの方は、地域密着の管理会社に相談してみてはいかがでしょうか。