戸建ての空室対策で効果的なリフォーム内容を教えます

設備投資を行うことによって物件をきれいにして、入居者の心を掴むようにするリフォームは、相応の費用が掛かる一方で空室対策に効果的です。

そのため、空室が目立つようになった物件を、住みやすいものにして価値を高めるためにリフォームを検討されるオーナー様は多くいらっしゃいます。

特に戸建ての場合では、長く住み続けていたいと思う方が多くいるため、リフォームをしてきれいにすることは効果的です。

しかし、リフォームを検討してもどれくらいの費用が掛かるかということや、どんなリフォームができるかを知らないと決断が難しいでしょう。

そこで、今回は戸建ての空室対策で効果的なリフォームについてご紹介させて頂きます。

 

戸建てのリフォームにはどれくらいの費用がかかるの?

賃貸経営を行う上で、投資したリフォーム金額を回収できるかという考え方が重要です。

そのため、リフォーム代金の基準を知っておくことによって、そのリフォームを行うべきかどうかの大きな判断材料になるでしょう。

戸建ての設備の一部をリフォームするか、それとも全面リフォームを行うかによって金額が大きく異なります。

リフォームを請け負う様々な会社を比較してみると、一部のリフォームであれば10万円から150万円前後、全面リフォームの相場はおおよそ1,000万円から1,500万円で設定されています。

ただし、施工する会社や施工内容によってその費用が異なるケースもあるため、まずは様々な会社へ見積もりの依頼をして費用を比較しましょう。

 

空室対策に効果的なリフォームはどんなもの?

リフォームを行う際は、物件のあるエリアの状況を把握して、ターゲットを明確にする必要があります。

例えば、高齢者が多いエリアであれば、手すりや転倒防止の滑り止めを設置すると良いでしょう。

また、家族連れに人気のあるエリアでは、ペットも飼うことができるように防臭性や耐久性に優れた仕様にすると需要が見込めます。

特定のターゲットに向けたリフォームを行うことで、周辺の物件との差別化を図ることができるのです。

ただし、エリアごとの需要を正確に把握する必要があるため、専門家の知識を借りることをオススメします。

大阪や兵庫では戸建ての需要はあるの?

日本の各県別の人口ランキングでは、大阪が第2位、兵庫は第7位となっております。

また、大阪では大阪市をはじめとして豊中市や吹田市はアクセスがよく公園や商業施設が充実しているため、他県から移り住む方も多くいるのです。

兵庫でも、神戸市や宝塚市、姫路市などが家族で住みやすいエリアとして知られています。

そのため、戸建てで長く住み続けていきたいと考える方の需要がまだまだあると言えるでしょう。

ただし、物件の立地や募集条件によって需要が変わるため、まずは信頼できる会社に相談しましょう。

まとめ

今回は、戸建ての空室対策で効果的なリフォームについてご紹介させて頂きました。

戸建て住宅には家族で住む方が多いため、マンションやアパートなどの集合住宅に比べても住み心地の良さが求められるものです。

そのため、空室対策にはなるべく費用を抑えた効果的なリフォームを行うことで、入居者の心を掴むことができるでしょう。

しかし、ただリフォームをするだけではなく、その後の物件の管理をしっかりと行わなければ、対策として万全とは言えません。

戸建ての物件はトラブルにも迅速に対応し、入居付けも丁寧に行ってくれる信頼できる会社にお任せをしましょう。

そんな信頼できる会社の1つとして、地域密着の管理会社をオススメします。

地域密着で運営をしている会社であれば、トラブルの際には迅速な対応が可能です。

また、長年の経験をもとに、リフォームを行う場合にはどのような物件にするべきかなど、相談に乗ってくれるでしょう。

こうした専門家の知識は、賃貸経営を行う上で非常に大切です。

戸建て住宅で賃貸経営をする方や、リフォームを検討される方は、まずは地域密着の管理会社に相談することをオススメします。