築古の物件でも空室を解消する方法について教えます

賃貸住宅は築年数が経過すると、新築の時に比べて入居者が入りにくくなるため、その対策に頭を抱えているオーナー様は多くいらっしゃいます。

近年では、家賃だけでなく、駅からのアクセスや住みやすさを重視する方が増えたことや、インターネットで簡単に情報を集められるようになったため、入居者の出入りが増したのです。

そのため、築古の物件のオーナー様はより早期に空室対策を行うことが求められるようになったのです。

空室を解消するためには、どんなことを行えばいいのでしょうか?

そこで、今回は築古の物件でも空室を解消する方法についてご紹介させて頂きます。

 

大阪や兵庫での賃貸需要を調査する

西日本において、大阪や兵庫は非常に人気のあるエリアとして知られています。

しかし、その中でも賃貸需要があるエリアとそうでないエリア、単身者向けの物件の需要があるエリアとファミリー向けの物件の需要があるエリアに分類することができるのです。

空室を解消するためには、そのエリアにはどんな需要があるのかをしっかりと把握することが必要不可欠なのです。

また、建築当時はそのエリアで需要があるように建築を行った場合でも、それから30年以上経過することによって、地域の状況やニーズは大きく変化しているでしょう。

周辺エリアの調査だけでなく、物件の設備や状況も分析しておきましょう。

 

ニーズに合わせた物件のリフォームを行う

物件の内部をきれいにし、機能性や付加価値を高めて空室対策を行う方法としてリフォームがあります。

リフォームを行い、その地域のニーズに合わせた物件へ生まれ変わらせることによって、空室の解消が見込めるのです。

一昔前の物件では、バス・トイレ・洗面所が一体となっている3点ユニットの物件が主流でした。

しかし、近年ではバス・トイレ・洗面所がそれぞれ独立している物件を求める方が増えました。

こうした水回りのリフォームをするだけでも、物件の需要が高まるでしょう。

他にも、高齢者向けの手すりの設置や、ファミリー向けにペットと一緒に住める仕様にするなど、ニーズによって行うべきリフォームは異なります。

ただし、費用を掛けすぎてしまうことも避けたいところです。

まずは、どんな層をターゲットにするのか、どんなリフォームを行うのかをしっかりと計画しましょう。

 

信頼できる管理会社に物件管理の依頼をする

築古の物件は、リフォーム以外にも管理会社によって空室を解消することが可能です。

近年では、日本の企業で働く外国人が増えており、こうした人々が賃貸住宅に住むケースも多々あります。

管理会社によっては、トラブルが起こるかもしれないという不安によって、入居を断る場合がありました。

しかし、外国人は職場に近くて安く住める物件を求める傾向にあるため、築古の物件を探していることも多いのです。

外国人は今後も増加することが予想されるため、賃貸経営を行ううえでチェックしておくべきポイントでしょう。

このように、外国人の入居に対応できる管理会社に依頼することも、空室対策の1つなのです。

まとめ

今回は、築古の物件でも空室を解消する方法についてご紹介させて頂きました。

築古の物件は、設定家賃が低く設定されているにも関わらず、なかなか入居者が見つかりにくいため、早急な空室対策が求められます。

物件のリフォームを行ってきれいにすることも有効な手段ですが、相応の費用が発生してしまうでしょう。

費用を掛けずに空室を解消することは、想定外の出費を避けることにもつながります。

今回ご紹介させて頂いたように、外国の方などの入居を受け入れ、適切な管理をすれば空室を解消できるかもしれません。

しかし、そのためにはさまざまなトラブルに対応できる実績のある管理会社に依頼する必要があります。

そこで、地域密着の管理会社に相談することをオススメします。

地域密着で運営している会社であれば、トラブルに対して迅速な対応が可能です。

また、その地域で様々な物件を管理してきた実績があるため、物件を安心して任せることができます。

築古の物件の入居間口を広げたいという方や、信頼できる会社に物件を任せたいという方は、地域密着の管理会社に相談してみましょう。