入居者にアピールできる空室対策の壁紙リフォームについて

入居者が退去されたタイミングで、壁紙を原状回復させるオーナー様は多くいらっしゃいます。

長くその部屋に住み続けていると入居者の手垢やカビ、日光による紫外線によって色が変化してしまうものです。

こうした壁紙の汚れをそのままにしてしまうと、部屋全体に古い印象を与えてしまうでしょう。

そんな壁紙ですが、実は近年では原状回復ではなくリフォームを行うことによって空室対策をする方が増えていることはご存じでしょうか。

壁紙をオシャレにし、機能を持たせることによって、他の物件との差別化を図ることができるのです。

今回は、壁紙リフォームを行うことによってどんな空室対策ができるかについてご紹介させて頂きます。

 

空室対策には壁紙の張り替えは欠かせない?

壁紙の寿命は5年から10年と言われていますが、入居者が退去されると多くの場合は汚れや色褪せがあります。

もしも、この汚れや色褪せを放置したままでいると、部屋全体が汚れた印象になってしまいます。

こうした部屋全体の悪い印象は、当然のことながら内見にきた入居希望者にも与えてしまうでしょう。

その結果、どんなに条件が良くてもこの部屋に住むのはやめようと思われてしまい、いつまでも空室が埋まらないということが起こり得るのです。

 

壁紙リフォームにはどんな種類があるの?

壁紙リフォームを行う際に、高級感と機能性を重視される場合があります。

高級感は、部屋にオシャレな壁紙を使用したり、高価な壁紙を使用することによって、他の物件との差別化を図るというものです。

ただし、高価な壁紙を使用する場合は費用が掛かってしまうでしょう。

それを防ぐために、部屋全体を一般的な壁紙を使用し、一部を高価な壁紙を使用するアクセントクロスという方法もあります。

アクセントクロスは、費用を抑えつつも部屋全体に高級感を出すことができる方法として注目されているのです。

一方で、機能性を重視する場合は、傷がつきにくい耐久性に優れたものや消臭効果のある壁紙などが使用される場合があります。

これは、物件をペット可にするために必要なものであり、壁紙リフォームをしながら物件のコンセプトを変えるという方法です。

近年ではペット可の物件が急速に増えており、今後も需要が見込めるという観点から、こうした壁紙リフォームが注目されています。

これら以外にも壁紙をリフォームすることによって、物件の価値を高める方法は数多くあります。

 

大阪や兵庫ではどんな壁紙リフォームが求められる?

大阪や兵庫は、現在でも人口が多い中で他県から移り住む方も多くいらっしゃる人気のエリアです。

移り住む方は、仕事などの目的で家族で引っ越しをされる方が多いと言われています。

そのため、壁紙リフォームを行う場合は、家族向けを意識したものが良いでしょう。

具体的には、ペットやお子様がいても安心できる耐久性に優れた壁紙や、水回りには防水性が備わっている壁紙などが求められます。

ただし、地域ごとに求められるニーズは異なるため、専門家に相談をしてから壁紙リフォームを検討しましょう。

 

まとめ

今回は、空室対策のための壁紙リフォームについてご紹介させて頂きました。

壁紙は部屋の印象を左右するだけではなく、部屋の価値を高めることができるため、空室対策には壁紙を見直すことからはじめるといいでしょう。

しかし、壁紙は様々な種類があり、物件のあるエリアのニーズに合わせて選択していかなければいけません。

そのため、壁紙リフォームを検討される際には、専門家の意見を聞いてから判断するといいでしょう。

そこで、そんな壁紙リフォームを相談できる専門家として地域密着の管理会社をオススメします。

地域密着の管理会社は、そのエリアで昔から運営をしているため、そのエリアのニーズをしっかりと把握しています。

また、物件管理のノウハウがあるため、壁紙リフォームの相談だけではなくその後の管理についても相談できるでしょう。

空室対策にお悩みの方や、物件の管理について頭を抱えている方は、まずは地域密着の管理会社に相談をしてみましょう。