大阪や兵庫で家賃収入を得る方法とは?徹底解説

アパートやマンションなどを所有している方が、その物件を賃貸住宅として運用することによって得られる収入を家賃収入といいます。

近年では、会社員として働く方でも投資用物件を購入するなど、不動産投資で家賃収入を得ている方が多くいらっしゃるのです。

こうした家賃収入は毎月安定した収入を得られるので、非常に人気のある副業とも言われています。

人口の多い大阪や兵庫などのエリアでは特に賃貸需要が高いため、こうしたエリアで家賃収入を得るために賃貸経営を考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、家賃収入について知識が無ければ、なかなか始めることもできません。

そこで、今回は大阪や兵庫で家賃収入を得る方法についてご紹介させて頂きます。

 

大阪兵庫で家賃収入を生む物件を所有する

家賃収入を得るためには、まず不動産物件を所有することが第一歩です。

不動産物件を所有する方法は大きく分けて3つあります。

所有地に物件を建築すること、すでに所有する物件を賃貸物件として活用すること、物件を購入することです。

まず、所有地に物件を建築する方法は先祖から引き継いだ土地に対してアパートやマンションを建築する方法です。

この方法を行うことによって、土地の取得費はかかりませんが、その反面建築費用がかかるというデメリットもあります。

アパートやマンションの建築は安くても数千万、高い場合は億を超える計画になるため、銀行からの借り入れが必須です。

ただし、大阪や兵庫の中でも都心部から離れたエリアや交通のアクセスに恵まれていないエリアであれば、賃貸需要が見込めません。

そのため、建築前のエリア調査を行い慎重に検討する必要があります。

2つ目は、すでに所有している物件を賃貸物件として活用することで、住む人がいなくなった実家やマンションを貸し出すという方法です。

元々持っていた物件であれば、購入費用や建築費用もかかりません。

しかし、賃貸物件として運用する前の清掃やリノベーション費用が発生するため、数百万円の出費を想定する必要があります。

3つ目は、物件を購入する方法です。

投資用マンションなどを購入し、それを賃貸物件として運用します。

購入する物件の立地や条件を比較し、より需要があるエリアの物件を買うという選択ができるため、物件に対する調査が重要になります。

 

大阪兵庫の賃貸需要や計画の収支を確認

大阪や兵庫の都心部では20歳から24歳の若年層の転入や、企業が多く拠点を構えているためワンルームマンションの需要が高いエリアです。

さらに、都市機能の再開発が進んでいるエリアも多くあるため、よりシビアな視点での調査が必要とされています。

一方で、都心部から離れたエリアではファミリー需要が高いため、間取りの大きい物件や住みやすさが重視される傾向にあります。

建築や購入を検討する際は、そのエリアで求められているニーズや将来性を加味した判断が必要です。

また、ただ単に物件を建築や購入するという訳ではありません。

賃貸経営は事業でもあるため、投資額と収益額を見比べて、その収益性や安定性を重視する考え方が重要なのです。

そのため、計画における投資金額に対する収益の割合である利回りを確認する必要があります。

さらに、物件を入手しても入居者がいなければ収入が無い状態になってしまいます。

そのため、物件の管理をどのように行うかなどの準備が必要不可欠なのです。

 

家賃収入の専門家へ相談をする

家賃収入や物件の管理は、専門家の意見が無いとなかなか判断が難しいものです。

そのため、賃貸を行い、副業を得ようと計画した際は、まず専門家に判断してもらうことをオススメします。

専門家とは不動産に知識がある方を指しますが、今回は地域密着型の管理会社をオススメします。

地域密着で活動している管理会社であれば、地域のことを熟知しているため、その地域で賃貸需要があるのかを判断することができます。

また、物件を確保した後の管理も依頼することができるため、負担が大きく減ることは間違いありません。

もし、副業として家賃収入を得ようと計画する場合、まず地域に根付いた管理会社に相談してみましょう。

まとめ

今回は大阪や兵庫で家賃収入を得る方法についてご紹介させて頂きました。

家賃収入を得るためには物件の確保を行う必要がありますが、それには費用が発生します。

また、物件を確保した後の賃貸経営を失敗させないためにも、事前のエリア調査や計画内容の吟味が重要です。

賃貸経営は、下調べと準備が最重要であるとされています。

そのため、まずは地域密着型の専門家に相談し、どのように運営していくかを考えてみてはいかがでしょうか。