実家のマンションや戸建てを高い賃料で貸出す方法について!【大阪兵庫調べ】

実家のマンションや戸建てが、様々な事情で空き家になってしまうケースがあります。

家は人が住まなくなると急速に老朽化が進むため、放置するわけにもいきません。

そこで、中には空き家を賃貸住宅として活用し、家賃収入を得る方もいらっしゃいます。

賃貸経営を行うためには賃料に注目し、少しでも設定家賃を上げる工夫が必要になるのです。

西日本でも人口が多く人気のエリアである大阪や兵庫では、エリアによっては相場家賃に差があり、郊外のエリアと都心部の差は非常に大きいものになっています。

今回は、所有物件を高い賃料で貸し出す方法についてご紹介させて頂きます。

物件に付加価値をつける

高い賃料の設定ができる物件の多くは駅から近いなど、立地条件がいいものです。

そのため、駅から離れたエリアに物件を所有する方で、高い賃料で貸し出すためには物件に付加価値をつける工夫が必要です。

つまり、物件を高い賃料で貸し出すためには、他の物件との違いを見せる必要があります。

例えば、Wi-Fiやモニター付きインターフォンなどの設備を充実させるなどです。

設備は、時代とともに求められるものが変化していくため、周辺物件に設備が充実していないケースも考えられます。

こうした工夫によって、物件としての価値を高めることができるのです。

また、大阪や兵庫はファミリー層にも非常に人気のあるエリアであるため、ペットを飼育する人も年々増加している傾向にあります。

マンションであれば、ペットを飼うために必要な手続きと近隣住民への配慮も必要になりますが、戸建てであればペット可能物件としての貸し出しを比較的容易に行うことができるでしょう。

ペット可能な物件は大阪や兵庫でもまだまだ数が少ないため、こうしたオプションによって賃料を高くし、さらには需要を高めることもできるのです。

大阪兵庫内の家賃相場を調査する

賃貸物件として活用する場合、必ず専門家である不動産会社に物件の確認や周辺環境の調査をしてもらい、適切な賃料を算出してもらう必要があります。

これを賃料査定といいます。

賃料査定は物件の設備や管理状況、その地域の将来性を加味するため知識と経験のある専門家でないと行うことは難しいでしょう。

そんな賃料査定において、もっとも重要な確認項目はその地域の家賃相場を調査することです。

大阪でいえば大阪市中央区や北区、兵庫であれば神戸市中央区や芦屋市など、交通のアクセスや住みやすさによって周辺地域よりも平均家賃が高いエリアも多くあります。

こうしたエリアで相場よりも安い家賃で貸し出しをすると、入居者は入るものの、損をしてしまう可能性もあります。

そのエリアの特性を知り、そのうえで他の物件にない強みを強調し、相場にプラスアルファで家賃設定を行っていくことが高い賃料を出す方法の1つです。

 

賃貸管理会社を厳選する

所有する物件を高い賃料で貸し出すことによって、より多くの収益性が見込めます。

こうした収益性を基に賃貸経営を行う場合、依頼する賃貸管理会社が大きなポイントとなることはご存じでしょうか。

先ほどもご紹介させて頂いたように、管理が行き届いている物件であれば高い家賃設定が見込めます。

さらに、物件の管理を委託する際に、管理手数料が発生するのですが、この料金の割合は会社ごとに差があります。

そのため、管理手数料を月額総賃料の10%と設定しているところもあれば、5%と設定している会社もあるのです。

家賃だけではなく、管理を依頼する賃貸管理会社の選択も非常に重要なのです。

 

まとめ

今回は、実家のマンションや戸建てを高い賃料で貸し出す方法についてご紹介させて頂きました。

賃貸経営はその地域の需要を調査し、より高い賃料を設定することが非常に重要です。

より高い賃料を設定するためには、物件に付加価値をつけたり様々な工夫を行ったうえで、信頼できる管理会社に依頼する必要があります。

しかし、初めての賃貸経営の場合、どこの管理会社に依頼するべきか迷う方も多いでしょう。

そこで、地域密着の管理会社をオススメします。

地域密着の管理会社であれば、そのエリアに精通しているため、エリア調査や将来性の分析は非常に的確です。

さらに、物件の管理を行う場合でも、アドバイスをもらえるという安心感があるでしょう。

現在所有している実家のマンションや戸建てを賃貸住宅として貸し出したいと考える際は、まず地域に根付いた管理会社に相談してみてはいかがでしょうか。