空いている実家は売却と賃貸のどちらがお得か?

様々な事情で、今まで住んでいた実家を使わなくなるケースがあります。
人が住まなくなった家というものは老朽化が急速に進んでしまうものです。
そんな時は空いている家を売却するか、もしくは一戸建ての賃貸物件として活用するという、2つの方法がオススメです。
大阪や兵庫といった人口の多いエリアでは土地を購入したいという方や、貸家として住みたいという方も非常に多いため、売却も賃貸住宅への活用も非常に有効な手段であるといえます。
しかし、選択肢が2つもあると、どの方法がいいのか頭を抱えてしまうでしょう。
そこで、今回は空いている実家をお持ちの方に向けて、大阪兵庫のエリアでは売却と賃貸のどちらがお得なのかについてご紹介させて頂きます。

一戸建て賃貸を行うメリットデメリット

空いている実家を賃貸物件として活用すると、家賃収入が得られるというメリットがあります。
物件の立地条件や築年数、間取りによっても変わりますが、おおよそ10万円前後で貸し出すことも可能です。
特に人口が多く、一戸建て賃貸住宅の需要がある大阪府大阪市や、兵庫県神戸市などでは非常に良い条件で賃貸物件としての運用ができるでしょう。
仮に1カ月10万円の家賃設定とした場合、1年間で120万円の収益になります。
こうした継続的に入るお金でローンの返済を行ったり、老後蓄えとすることも可能なのです。
しかし、デメリットは賃貸物件として活用をするためには、リノベーションが必要になるケースがあるという点でしょう。
実家をそのまま貸すことができれば、問題ありませんが、多くの場合は入居者が入るように内装や外壁に手を加えたり、中には設備を充実させるなど、初期投資が必要になります。
そのため、最初に100万円以上のリノベーションを行い、その費用回収を行っていくケースも多いのです。

実家を売却するメリットデメリット

一戸建て賃貸とは異なり、実家を売却する場合にはまとまったお金が入るというメリットがあります。
土地と建物をセットで売却できるため、非常に大きな金額を受け取ることができるでしょう。
ローンの残債がある方や、お子様の入学費など、直近でまとまったお金が欲しい方にはオススメの方法です。
しかし、売却を行う際にはその金額を叩かれて低い金額で売ることになるという危険性もあります。
不動産の売買を上手に行うには経験が必要なので、通常は買い手との駆け引きが上手くできないことが想定されます。
そのため、土地の売却を検討する際には、信頼のできる不動産会社に相談をしてから金額や条件を決めると良いでしょう。

大阪兵庫では売却と賃貸はどちらがいいの?

空いている実家の売却も賃貸も、どちらにもメリットデメリットはあります。
どちらが最適かということは、土地の立地によって考えが大きく異なるのです。
例えば、都心部から離れたエリアに実家がある場合は、賃貸住宅の需要があまり見込めないため売却の方が良いと判断できるでしょう。
一方で、区画整理など今後の発展が期待できるエリアや、都心部で賃貸需要が見込めるエリアではすぐに売却するのではなく、賃貸として貸し出しておいて様子を見ることも有効でしょう。
大阪では大阪市や吹田市、兵庫では姫路市や神戸市などが人気のスポットであるため、そのエリアをしっかりと調査し、それぞれの将来性を加味して判断することをオススメします。

まとめ

今回は大阪兵庫で、空いている実家の売却と賃貸のどちらがお得かについてご紹介させて頂きました。
賃貸需要があるエリアとそうでないエリア、一戸建て賃貸の需要があるエリアとアパートやマンションの需要があるエリアなど、大阪兵庫内には様々なエリアがあります。
そのため、空いている実家があるエリアをしっかりと調査し、どちらの方がお得かを正確に判断する必要があるのです。
こうした判断は、なかなか自分では難しいため、地域密着型の管理会社に相談をすることをオススメします。
管理会社であれば賃貸の相談ができますし、売却の際にもそのエリアの特徴を把握しているため力になってくれるでしょう。
また、売却か賃貸かの判断はその地域のことを知り尽くしていないと、判断することが難しいのですが、地域密着型で営業を行っている会社であれば多くの情報を持っているでしょう。
思い入れのある実家を売却するにしても賃貸として活用するにしても、プロに相談することで失敗を回避できます。
売却と賃貸で悩まれている方は、まずプロのアドバイスを取り入れることをオススメします。