入居者とのトラブル!主なパターンと対処法について

賃貸経営を行っているオーナー様の悩みの種の1つとして、入居者トラブルがあります。

入居者トラブルは些細なものから重大なものなど様々ありますが、こうした問題を放置していると退去問題にまで発展するため、迅速に解決しなければいけません。

退去してしまうと空室になりオーナー様の収入も減るため、入居者とのトラブルは厄介な問題です。

そんな厄介な入居者トラブルですが、事前に起こり得るトラブルの種類や対処法を知っておくことによって早期に問題解決や対応ができるでしょう。

そこで、今回は入居者トラブルの主なパターンとその対処法についてご紹介させて頂きます。

 

起こりやすい入居者トラブルとは?

様々ある入居者トラブルの中でも特に起こりやすいといわれているのが、騒音と家賃滞納です

夜中に騒いでいたり、大音量で音楽を流していたりなどの騒音の場合では、その入居者に注意をすれば済むでしょう。

しかし、中には足音や話し声など生活上どうしても発生する音に対して敏感になってしまう方もいらっしゃいます。

また、入居者の問題だけではなく建物の構造上、音が響きやすくなっている場合もあるため対処には細心の注意が必要です。

家賃滞納の場合は、病気や様々な事情によって家賃の支払いを待ってほしいと言ってくる方が多いです。

そこから滞納期間が延びたり、回数が増えることによっていつの間にか大きい金額の滞納になっているケースもあります。

 

もしもの時に使える立ち退き交渉

何度注意しても改善しない騒音や家賃滞納に悩まされているオーナー様の中には、借地借家法によって、簡単に退去を命じる事ができないと諦めている方もいらっしゃると思います。

しかし、実は入居者が貸主に明らかな損害を与えている場合や契約違反を行っていれば、契約更新の拒否や強制退去が認められる場合があるのです。

まず最初に、入居者に部屋を明け渡して欲しい旨を伝えます。

この場合、借地借家法において明け渡しまでの期間は最低6ヶ月確保しなければならないとされているため、注意しましょう。

場合によっては立ち退きを拒否されることがあります。

その際には、引越し費用や引越し先の住居の初期費用などを含んだ、立ち退き料の支払いを行わなければいけないこともあります

しかし、それでも立ち退きに応じてくれないなどの問題が発生した場合には、弁護士などに依頼するケースも起こり得るため、立ち退き交渉を行う際には、トラブルに発展しない準備と相応の期間、そして資金が必要になるのです。

 

入居者トラブルに巻き込まれないためには?

入居者トラブルにおいて、トラブル発生直後の対応が非常に重要になります。

例えば、騒音では早期の原因解明と騒音を起こしている方への注意、家賃滞納であれば早期の督促などの対応を行います。

しかし、オーナー様自身がこうしたトラブルに対処しようにも手間や時間がかかる上に、対処には専門知識や経験が必要になるため非常に難しいでしょう。

そこで、地域密着の管理会社へ物件の管理を依頼することをオススメします。

管理会社は入居者トラブルに対して、専門知識とノウハウによって迅速に解決に向けた行動を行います。

さらに、入居者からの問い合わせも全て任せることができるため、オーナー様の負担は大きく減るでしょう。

また、地域密着の管理会社であれば定期的に打ち合わせを行いやすい点や、細やかな管理を期待できるという点などのメリットがあります。

入居者トラブルに巻き込まれないための1つの案として、地域密着の管理会社にお任せするのはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は入居者トラブルの主なパターンと対処法についてご紹介させて頂きました。

賃貸経営を行う上で必ず発生するとされている入居者トラブルは、問題解決まで時間も手間もかかる上に、放置をすると新しい問題に発展してしまう可能性が大きいです。

そのため、迅速且つ的確な対応が必要不可欠なのです。

こうした問題を乗り越えるためにはいくつか案がありますが、今回は地域密着の管理会社に依頼する方法をご紹介させて頂きました。

賃貸経営は些細なトラブルが大きな問題に発展し、それが収益に直結するため、非常にシビアです。

こうしたトラブルを少しでも軽減したいという方は、まずは地域密着の管理会社に相談してみることオススメします。