賃貸管理会社とのトラブルに対する対処法について

物件の入居者募集や賃料の入金管理など、賃貸経営を行う上で非常に苦労の多い業務を代行してくれる賃貸管理会社へ、物件の管理を委託されるオーナー様は多くいらっしゃいます。

管理費などの費用は発生しますが、その代わりにオーナー様自身の負担が大きく軽減されるため重宝する方も多いでしょう。

しかし、中には信頼して任せたはずの賃貸管理会社との間にトラブルが発生してしまうケースも少なからずあります。

そこで、今回は賃貸管理会社とのトラブルに対する対処法についてご紹介させて頂きます。

 

トラブル事例をご紹介!

オーナー様と賃貸管理会社とのトラブルは、主に管理の不備と費用などの金銭面でのトラブルが多いです。

管理の不備としては、入居者トラブルの放置や清掃、修繕の不備などが挙げられます。

物件には多くの入居者が住んでいますが、中には騒音・振動に関するクレームや入居者からの問い合わせが発生する場合があります。

こうしたものに対して、1つひとつ誠実に対応するのが、賃貸管理会社の仕事ではありますが、中にはそれらの対応が遅れたり放置していたりすることがあるのです。

さらには、ゴミ置き場でゴミが散乱している、設備が故障していることを把握しているにも関わらず長期間放置をするなどのような場合もあります。

費用などの金銭面でのトラブルでは、サブリース契約を行っている場合において、契約当初に家賃下落の説明がされていない場合などが挙げられます。

このように、信頼関係で成立している物件の管理でも、担当者や管理会社によっては信頼が裏切られるケースも起こり得るため、見極めることが必要です。

 

管理会社とのトラブルにはどう対処するの?

管理会社との間にトラブルが発生した場合には、オーナー様としてはそのままにせず自身で行動を起こす必要があります。

入居者トラブルの放置や設備の故障の放置などは、賃貸管理会社の中での連携がうまくできていないために担当者に伝わっていないケースや、単に担当者が対応していないケースが想定されるでしょう。

そのため、賃貸管理会社へ対応の依頼を行い、数日経過しても改善されない場合には、まずは催促の電話を担当者へ直接入れることをオススメします。

ただし、再三対応の依頼をしても行動してくれない場合は担当者自身の問題といえるため、担当者の上長へ事情を説明したほうが良いでしょう。

また、サブリース契約時の家賃下落の説明不足に関しては、電話連絡をする前に契約書の内容確認や契約時の書類を見返して本当に説明がなかったか確認を行ってから、電話連絡をしましょう。

 

信頼できる別の賃貸管理会社に管理替えも1つの手

賃貸管理会社へ催促の電話を何度入れても状況が変わらなかったり、担当者やその上長と直接話し合っても解決が困難な場合も起こり得るものです。

このような、どうしようもない状況に陥った際には、別の管理会社に管理替えを行う方法も1つの手段です。

現在の賃貸管理会社と契約を結んだ際に渡された管理委託契約書には、契約期間の設定や途中解約に関する条件などが定められているケースがあります。

そのため、契約期間満了時に更新を行わずに契約を切ったり、途中解約を円満に行うという方法も可能なのです。

また、解約を行うのと同時に、信頼できる別の管理会社を見つける行動も必要になります。

ただし、これらの行動はオーナー様自身の時間や労力が掛かるものであるため、こうした事態に発展しないためにも、トラブルが発生した段階で賃貸管理会社と打ち合わせを行うことをオススメします。

関連記事

まとめ

今回は賃貸管理会社とのトラブルに対する対処法についてご紹介させて頂きました。

賃貸経営を行う上で入居者トラブルばかりに目が向きがちですが、実は管理会社とのトラブルに発展するケースもあるため、自身の物件の管理は信頼できる会社へ依頼する必要があるのです。

また、トラブルが起こり不信感が蓄積された場合の1つの対策案として、別の賃貸管理会社への管理替えも今回ご紹介させて頂きました。

管理替えを行う場合には、もうトラブルにならないように信頼できるところにお任せしたいものの、どこに依頼すべきか悩むことでしょう。

そこで、地域密着の管理会社への依頼をオススメします。

地域密着の管理会社であれば、入居者トラブルや物件に問題が生じた際の対応が迅速で、柔軟に行うことが可能です。

また、その地域のことを熟知しているため、賃貸経営を行う上で重要になるその地域の情報を多く持っています。

現在依頼している賃貸管理会社とのトラブルにお悩みの方は、地域密着の管理会社へご相談してみてはいかがでしょうか。