空室状態の長期化!その原因と空室対策について

賃貸経営を行う上で空室の状態が長期化するということは、収入が減るため事業として大きな損失に繋がります。

こうした空室の長期化は対策を講じないと、解決しないどころか損失がますます増えていくものです。

空室が長期化する原因をしっかりと把握し、そこから対策や案を見つけだして問題を解決していくことが非常に大切です。

今回は、物件の空室状態が長期化している主な原因とその対策方法についてご紹介させて頂きます。

 

空室状態が長期化すると何が起こる?

物件は入居者がいることで初めて収益を生み出します。

空室になってしまうと家賃が得られないため、本来入るはずの収益が入ってない状態になるのです。

さらに、空室が長くなると、建築した際の借り入れや固定資産税などのような税金の支払いが、厳しくなることも考えらえます。

借り入れや税金の支払いができなくなった場合、その物件を手放さなければならない状況も想定されます。

そうならないためにも、空室対策はなるべく早い段階で行うべきなのです。

 

空室状態が長期化する原因

空室が長期化する主な原因としては「物件自体に問題があるケース」と「管理会社に問題があるケース」の2つに分類されます。

物件自体に問題がある場合では、建築地周辺に似たような物件が多くある供給過多の状態になっている・家賃が相場よりも高い・必要な設備が不足しており、魅力が足りないなどのことが想定されるでしょう。

一方で、管理会社に問題がある場合では、入居希望者の方へ積極的に物件を紹介していない場合や、入居希望者が内覧に来ても管理が行き届いていなく、ゴミの散乱や汚れが目立つなどの問題が考えられます。

 

物件に入居者が入るための空室対策

空室の長期化に悩む物件は、まずはその原因を探ることから始めるべきです。

しかし、その原因を探るには情報を集めることと、物件の様子を直接確認する必要があります。

情報を集める場合には、その地域の他物件の状況や家賃設定を確認しましょう。

また、現地を確認する場合は物件がしっかりと管理されているかの確認や、設備が今のニーズとあっているかをしっかり確認しましょう。

もしも設備が古かったり、物件に汚れが目立つようであればリノベーションを行い、建物の価値を高めることも検討した方が良いかもしれません。

それに加えて、管理会社の担当者とも打ち合わせを密に行い、常に情報交換を行える関係性は構築しておく努力も必要になります。

担当者と話をする場合には、物件の入居募集条件が妥当か否か、問題点や改善点をしっかり聞いたうえで、不動産のプロである担当者の考えも聞きましょう。

しかし、こうした行動を行っても状況が変わらず、担当者も行動を起こさないようであれば、管理会社を変えるのも1つの手です。

関連記事

まとめ

今回は、物件の空室状態が長期化している主な原因とその対策の一例をご紹介させて頂きました。

建物は、新築の際には非常に人気がありますが、年数が経過していくごとに汚れや設備不足などの問題が出てくるため、ある程度の年数が経過した時点で対策を考えていかなければいけないものです。

空室の対策には、やはり専門知識を持つ管理会社などのアドバイスが重要になります。

こうしたアドバイスが必要な際には、地域密着の管理会社へのご相談をオススメします。

管理会社の中でも地域に密着したところであれば、所有している情報量が多く、対応が早いでしょう。

また、打ち合わせがしやすいという点や、物件に問題が起こっても迅速に対応してくれるという点などが非常に魅力的です。

空室に頭を抱えるオーナー様は、その状況を打破するためにも地域密着の管理会社に相談をしてみると良いかもしれません。