定期借家契約のメリットとデメリットとは?

2000年に施工された「良質な賃貸住宅等の供給の促進に関する特別措置法」の中で定期借家権
が導入され、それに伴い誕生したのが定期借家契約という制度です。

この定期借家契約は不動産会社や物件の貸主に広く知られているものですが、肝心の借主にな
り得る多くの人々にはあまり知られていません。

そのため、気に入った物件が定期借家契約であると説明されたがよく分からない、
といった問題がしばしば発生しています。

物件を借りる際には契約内容が非常に重要になりますが、こうした馴染みのない言葉が突然出て
くると困惑してしまいますよね。

そこで、今回は定期借家契約についてご紹介させて頂きます。

定期借家契約ってどんなもの?

物件を借りる際に結ぶ契約には普通借家契約と定期借家契約の2種類があります。

普通借家契約は1年以上の契約期間を設定し、
その期間が満了になった場合でも借主が引き続き住むことを希望した場合には
貸主は正当な理由がない限り、拒絶することができないというものです。

そのため、普通借家契約は借主の意向と貸主の事情に左右されます。

一方で、定期借家契約は契約の更新がない契約で、
契約期間が終了したら借主は速やかに物件を明け渡すというものです。

ただし、貸主と借主が合意をすれば再契約をすることは可能です。

この契約を結ぶ際には、書面にて契約の更新がない旨を借主に説明する必要があります。

もし、それを怠ってしまうと定期借家契約ではなく
普通借家契約となってしまうため、注意が必要です。

定期借家契約は、貸主の事情により契約期間満了になった時点で
契約を終了させることができる制度なのです。

定期借家契約はどうしてできたの?

定期借家契約が誕生する以前は、普通借家契約のみでした。
普通借家契約では借主保護の観点により、当初に設定されていた契約期間が終了した場合でも
自動で更新され、貸主が契約を終了させたいと思っても正当な理由がない限りは叶いませんでし
た。

そのため、普通借家契約を結んで数年後に物件の売却や取り壊しを行いたいと貸主が考えても、
契約終了の目途が立たないため貸主に大きな負担がかかっていたのです。

こうした事情があるため、所有する物件を賃貸に出せないという貸主が増加し、結果として賃貸で
自身でも使用していない空き家が増加していきました。

そのため、こうした問題を解消するために契約期限を設けた定期借家契約が誕生したのです。

定期借家契約のメリットとデメリットは?

定期借家契約には、貸主と借主にそれぞれメリットとデメリットが存在しています。
まず貸主は、契約の期限を設けることによって、売却や取り壊しがいつまで経ってもできないとい
うリスクを軽減するというメリットがあります。

ただし普通借家契約と比べて、手続きや契約前の説明、契約満了前の通知を行う必要があるな
ど、業務の面での負担が大きくなるというデメリットもあります。

一方で、借主のメリットは通常よりも安い家賃で住める場合があるということです。
実は定期借家契約は期間限定であるため、家賃が比較的安く設定されている物件が多くあります。

ただし、長く住みたいという方にとっては契約満了のタイミングで新しい物件を探さなくてはいけな
くなる、というリスクもあるため注意しましょう。

このように、定期借家契約にはメリットとデメリットがあるので、
ご自身の状況に応じて検討しましょう。

関連記事

まとめ

今回は、定期借家契約についてご紹介をさせて頂きました。

この契約は物件を賃貸物件として有効活用しやすくなるように生まれたものです。貸主にとっては、所有する物件を将来的に売却や取り壊しする可能性はあるが一旦賃貸物件として貸したい、という願いが叶う仕組みです。

また借主にとっては、期間限定で安くお得に物件を借りることができるというメリットがあります。

ただし普通借家契約とは異なり契約前の説明や書類の用意、契約満了前の通達などその負担は
大きいため、貸主は信頼できる管理会社に依頼を行うのも1つの選択肢です。