賃貸物件での残置物にご注意

賃貸物件において以前の入居者が退去時に撤去するのが面倒になり、
残していった備品や物のことを残置物といいます。

この残置物にはエアコンや冷蔵庫、電子レンジなどのような家電が多いというのが現状です。
賃貸物件に入居した時にこうした残置物に気が付いたものの、「あると便利だから」という理由で
放置をしてしまったことはないでしょうか?

こういった対応をしてしまったことにより、
後々大きなトラブルに発展したというケースが多く発生しています。

賃貸物件では、退去者に自身が設置をしたものを撤去する原状回復の義務が必ず発生します。
残置物を放置することは即ち、
入居者が残置物を原状回復をしなければならないということになるのです。

そこで今回は、トラブルを引き起こさないような残置物の対処方法をご紹介いたします。

初期設備と残置物は別物

残置物は以前の入居者が残していった備品や物であるため、物件に最初から備えられたもので
はなく、入居者はその残置物込みで賃貸契約を結んだわけではありません。

一方で、初期設備は最初から住宅設備として付与されているもので、この初期設備を含めて賃貸
契約を結んだこととなります。

これから入居する方にとっては些細な違いのように感じるかもしれませんが、実は故障などの不
具合が発生した際は、初期設備と残置物の違いは非常に重要な問題になるのです。

初期設備であるエアコンなどの設備が故障をした場合、物件のオーナーが費用を負担して修繕を
行う必要があります。

これは契約上、物件のオーナー側には入居者が設備を常に良好な状態で使用できるように維持
する義務があるからです。

しかし故障した設備が残置物であった場合には、オーナーが修理費用を負担する義務はなく、新
しい入居者に修理義務が生じます。

ここで注意したい点は、持ち物の所有者は「新しい入居者」ではなく「オーナー」だという点です。
つまり、残置物があると便利と思って使ってしまっていると故障時に自分が費用負担をすることに
なります。

また残置物の所有権はオーナーになるため、もしも処分したいと思っても勝手に廃棄をすることは
できません。

上記のように残置物はそのままにしていても処分をするにしても、何かしらの問題が発生するの
で注意が必要です。

残置物をめぐるトラブル

残置物によるトラブルの多くは故障に関するものです。

例えば新しい入居者とオーナーとの間で賃貸契約を結んだ際に、残置物について細かい説明が
されていなかったり、残置物の処分や修理に関することを明確にしていなかったりする場合はトラ
ブルに発展します。

故障した場合は新しい入居者の「入居した当初から設置されている物だから直してください」という
主張と、オーナーの「これは初期設備ではないため修理しません」という意見が衝突してしまいま
す。

トラブルを回避する方法

新しい入居者にとって、新生活を脅かすような残置物によるトラブルは回避したいものです。
こうしたトラブルを回避するには、契約前の残置物の有無の確認は必須です。

もしも気に入った物件に残置物があった場合には、それが故障をした場合の修理や処分の責任
の有無も併せて確認を取り、書面で残しておきましょう。

また、オーナーとの直接のやり取りに不安を感じるという方であれば、
管理会社に依頼を行うというのも1つの手です。

管理会社であれば残置物のようなトラブルに発展する可能性があるものに対して、
しっかりと対応をしてくれるのでリスクを軽減できます。

専門家のアドバイスは必ず役に立つでしょう。

また、賃貸物件の管理会社は多く存在するため、もし気に入った物件で残置物やその他気になる点があれば積極的に相談することをおすすめします。

関連記事

まとめ

環境の変化によって、賃貸物件の契約を考えている方は非常に多いです。
しかし、さまざまな点に注意しなければ大きなトラブルに発展してしまう可能性もあるため、

契約前の確認や調査は必須です。

今回ご紹介させて頂いた残置物は賃貸物件で起こり得るトラブルの1つですが、
これは氷山の一角にすぎません。

だからこそ、まずは信頼できる管理会社を見つけることや、
オーナーとの契約締結の条件をしっかりと確認することが大切です。