大迷惑!オーナーを悩ます家賃滞納時の対処法

賃貸管理において、空室対策や設備の修繕などオーナーの悩みはさまざまです。

その中で、とりわけ大きな悩みとしてあげられるのが、家賃滞納の問題です。
金銭的に大きな損失を招くだけでなく、督促の手段を誤ると入居者との間にトラブルが生じ、さら
に複雑な問題に発展してしまう危険性もあります。

今回は、そんな家賃滞納問題への対処法として、

適切な督促の流れや滞納を未然に防ぐためのポイントをご紹介します。

家賃滞納者への適切な督促方法

家賃の督促においては、入居者に怒鳴ったり、合鍵を使って勝手に中に入ったりなど、強引な手
法に走らないよう注意し、事務的かつ冷静に対処することが重要です。

まずは手紙や電話による家賃支払い通知を行います。

応じない場合は、期日までに支払いがなされなければ契約を解除する旨を明記した催告書を内
容証明郵便で送りましょう。

催告書に記した期日までに家賃が支払われなかった場合、契約は自動解除となり、この時点で入
居者は部屋を不法占拠していることとなります。

その後も部屋の明け渡しや未払い家賃の支払いに応じなければ、明け渡し請求訴訟を起こし、裁
判所に請求が認められれば、家賃を滞納している入居者に対して立ち退きと家賃回収の強制執
行が可能になります。

家賃の滞納額が増えるほど、その回収率は悪くなるのが一般的です。
損害をできるだけ少額で食い止めるためにも、法に則った適切な手段で、いち早く確実な対応を
行いましょう。

家賃滞納を未然に防ぐためのポイント

そもそも家賃滞納を発生させないために、どんな対策が考えられるでしょうか?
家賃滞納者を生まない最良の方法は、入居審査において入居者の継続的な家賃支払い能力の
有無をしっかり見極めることです。

家賃に見合う収入はあるか、入居者の収入における家賃の割合はどのくらいか、連帯保証人が
親族以外であればその理由は何かなど、入居者の情報を細かくチェックし、慎重に判断しましょう。

また、家賃集金方法を銀行口座からの自動引き落としにすることも有効です。
入居者による振り込み方式だと、単に「振り込むのを忘れていた」という理由で家賃滞納が発生す
る恐れもあります。

滞納のリスクを減らす意味でも、毎月確実に集金できる仕組みづくりにも目を向けてみましょう。

ノウハウを持つ管理会社の活用がおすすめ

家賃滞納者への個別対応や滞納リスクを意識した日々の賃貸管理を、オーナー自身で迅速かつ
正確に行うのは決して簡単なことではありません。

特に家賃滞納が起こった場合は、滞納額や滞納者の対応によってとるべき手段が変わってくるた
め、どう判断し対処したら良いものか悩む場面が数多く出てきます。

自分だけで解決するのが難しいと感じる場合は、家賃回収のノウハウを持つ管理会社をオーナー
と入居者の間に入れるのがおすすめです。

オーナーひとりでは労力のかかる家賃督促を代行してくれたり、悪質と思われる滞納者への対応
方法を一緒に検討してくれたり、滞納者を生まない仕組みを提案してくれたり、確実な家賃回収と
安定した賃貸管理の大きな支えになります。

「そこまで大きな問題にはなっていないけれど、ちょっと気になることがある」といった内容にも真
摯に対応してくれる、地域密着の管理会社に一度気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

関連記事

まとめ

金銭的な損失が大きい家賃滞納問題に対しては、感情的にならず、淡々と回収に向けて対処す
ることが何よりも大切です。
また、家賃滞納をそもそも起こさないためにも、入居審査の段階で入居者の支払い能力をきちん
と見定め、場合によっては入居を許可しないといった判断も必要になってきます。
そういった判断や対応のサポート役として、地域密着の管理会社を活用することがおすすめです

経験と実績に裏打ちされた管理会社のノウハウを使いながら、安定した賃貸管理を行いましょう。