関西で持ち家を賃貸化する効果的な方法について

引っ越しが決まったり、相続で空き家を受け継いだりした場合、

今の持ち家を賃貸として人に貸し出すことで、有効に活用できます。

しかし、専門の知識もないまま素人考えで進めるのは、あまりおすすめできません。
そこで今回は、持ち家を賃貸に出す際のポイントを注意点も含めてご紹介します。

持ち家を賃貸に出すメリット・デメリットを知る

持ち家を賃貸に出すということは、不動産賃貸業というビジネスを始めることになります。

「空いている家があるけど、取り壊しも面倒だから人に貸そう」という軽い考えでは、
後々大きな問題が生じる可能性があります。

ビジネスにはリスクもつきものです。

きちんとメリットとデメリットを知った上で、
本当に賃貸として活用するのが良いのか判断しましょう。

賃貸に出すメリット

まず大きなメリットは、家賃で定期的な収入を得ることができるという点です。
固定資産税は人が住んでいなくても発生しますから、それを家賃から補えるというのは
家計の助けになります。

次に、家の劣化と空き巣対策になります。

人のいない家は手入れが行き届かず、汚れやカビが染みつき、シロアリが発生し、庭の草木は生
えたままの状態になるため、家屋の劣化を早めます。

また、こうした目に見える劣化により誰も住んでいないということが分かってしまうため、
空き巣の恰好のターゲットになる危険性が高まります。
人が住むことで、家と地域の防犯対策になるのです。

賃貸に出すデメリット

よくあるデメリットとしては入居者のトラブルです。
毎晩大騒ぎする、ゴミ捨てのルールを守らない、物件を著しく損傷させるなどのケースは貸主と借
主だけの問題ではなく、近隣住民をも巻き込む恐れがあります。

覚えておきたいのは、賃貸契約というのは借主に優位になっており、上記のトラブルになったとし
ても、貸主の一存で出て行ってもらうことは決してできないのです。

賃貸に出す前に確認しておくこと・やっておくこと

例えば、家の住宅ローンを完済していない場合、事業用ローンに切り替える必要があります。
なぜなら住宅ローンは「居住用の家であること」が条件だからです。
このように賃貸にする前に確認しておくべきこと、やっておくべきことをお伝えします。

中長期的なプランを立てておく

例えば、将来子供が結婚したら住ませたいなど、
自分たちで使う計画があるのなら注意が必要です。

先ほどもお伝えしたように、賃貸契約は借主を強く守るため、
貸主側が住みたいからといって出て行ってもらうことはできません。

ですから中長期的なプランを考慮して、定期借家契約(事前に契約期間を設ける)か、
普通借家契約(契約は原則更新され続ける)のどちらがいいのかを検討しましょう。

借り手がつきやすいような工夫を

賃貸に出したら必ず借り手がつく、ということはありません。
借り手がつくようにクリーニング業者を入れ、築年数によってはお金をかけてリフォームも施し、
魅力的な物件になるよう工夫することも大切です。

このような努力は大家さんの義務といえるでしょう。

賃貸に出す具体的な手続き

持ち家を賃貸に出す手続きは煩雑です。
まず入居者を募集し、入居者が決まれば諸々の交渉を経て契約締結しますが、それで終わりで
はありません。

入居後もクレーム対応や家賃滞納トラブルなどが予想されます。
このような負担を大家さん一人で担うことになれば、かなり骨が折れることとなるでしょう。
持ち家を賃貸するなら、管理会社に依頼するのが便利です。

特に関西で持ち家を賃貸するなら、土地勘があって関西人や周辺住民の気質もよく理解している

地域密着の管理会社だと良いでしょう。

関連記事

まとめ

持ち家を賃貸として活用することは、愛着のある家を形として残しながら住居の機能と地域の安
全を保つことができ、収入まで得られるというメリットがあります。
ただし、お金をかけてリフォームしても借り手がつかないリスクやトラブル対応の必要もあります。
そういった事態を防ぐためにも、賃貸管理のプロである地域の管理会社に任せるのが安心といえ
るでしょう。