ビルの空室対策に必要な対策に関して

空室という状況は非常に深刻な問題です。

ご自宅以外に、飲食店や会社のオフィスが入るようなテナントの一棟ビルを所有しており、
そこで賃貸経営をしているオーナーにとって、空家は避けたい状況でしょう。

なぜなら、退去後に次の入居者が決まらなければ賃貸収入が減ってしまうためです。
しかし、最近では大型オフィスビルの供給が増えているという背景から、その競争は激化している
といえるでしょう。

そのためビルで賃貸経営を行っているオーナーは、大型オフィスビルに負けないよう、
付加価値を高めて魅力を上げるという対策を行うことが必要不可欠なのです。

そこで、今回はビルの空室対策についてご紹介させて頂きます。

ビルの空室が増えている原因

冒頭でもご紹介したように、近年では大型オフィスビルの供給が増えており、
駅からアクセスが良くて面積が広いビルが都心部を中心に建築されています。

また耐震性や免振性が高いのに加えて、通信設備やセキュリティが整備されているなど、利用者
にとって安心材料の揃った物件が登場しているのです。

そんな便利さと安心感を兼ね備えた大型オフィスビルのさらなる魅力として、募集賃料もバブル期
に比べると大きく下がっているため、借主側としては比較的安い金額でもいいビルを借りることが
できます。

一昔前には、なかなか見かけなかった大型オフィスビルの供給により、借主が次々に移転を行っ
てしまうため、一棟ビルの空室が増えているという現状があります。

ビルの空室対策をご紹介

しかし、既存の一棟ビルの建て替えを今すぐ行うことは、現実的ではありません。
そこで対策として、まずはリノベーションを行うことをご提案します。

リノベーションとは建物の大規模な改修を行い、内装のデザイン性や設備の機能性を高めるとい
うものです。

一棟ビルの特徴として、建物は年数が経過するごとに劣化していくのに加えて、建築当時には必
要がなかったインターネット環境やセキュリティが不足している、ということが退去の大きな要因に
なり得ます。

そのため、新しい建物に負けないように機能性を充実させ、内装をきれいにすることによってテナ
ントの入居期間を長くし空室率を下げるという効果が見込めます。

さらに、空室の利用方法に関しても、オフィスとして構える以外にレンタルオフィスや貸し会議室と
して利用することも検討してみましょう。

近年は、働き方改革に伴いオフィスを構えない中小企業も増加傾向にあります。

このような企業が、定期的に集まる場として提供できれば、
長い間空室のままになることはありません。

空室対策を実践することで、大型オフィスビルには無い魅力を考えてみましょう。

効果的な空室対策を行うためには情報収集が必須

先ほどは空室対策の一例として、リノベーションを行うことで設備の機能性を高めること、用途を
変更するといった方法をご紹介させて頂きました。

ただし、こうした方法は地域性をしっかりとリサーチし、利用者の裏付けをとったうえで展開するほ
うが安全です。

エリアにはどんな需要があり、どんなものが求められているのかといった情報収集を誤ると、利益
を得られず、リノベーションにかかった工事代金のみを背負う羽目になります。

収集した情報を分析し、どういった形で対策を行うべきなのかを柔軟な発想で様々検討する必要
があるため、迷った際には専門家の力に頼ることをおすすめします。

関連記事

まとめ

ビルの空室対策は常々考えていかなければいけない深刻な問題です。
そのために、まずは対策を講じるための情報収集を行い、しっかりとした分析を行うことが求めら
れます。

一方で、エリアの正しい情報はなかなかオーナー自身で集めるには骨が折れ、思い込みなどに左
右されてしまう危険性もあります。こういった場合には地域の情報が集まりやすい管理会社や専門家に相談をしてみるのも1つの手
段です。

特に地域に密着した管理会社であれば、その地域のことを熟知しており、さらには管理会社として
プロの目線での意見も聞くことができますので、迷った場合には一度問い合わせてみましょう。