アパートでトラブル事故が発生!修繕負担は誰が行う?

エアコンや給湯器などの設備が故障したり不具合が生じた場合、修理や交換に発生した費用は誰が負担しなければならないのでしょうか?

また、その修理は誰が依頼すればよいのでしょうか?

今回は、アパート経営を行う上でトラブルになりやすい「修繕負担は誰が行うべきか」についてご説明いたします。

実はトラブルも多い!設備の故障について 

アパート賃貸入居者のトラブルには、住民間や近隣住民とのトラブルが最も多く、次に多いトラブルとしては水漏れや設備の故障による苦情があります。

毎日生活している空間は、住民にとって快適であってほしいものです。

その大切な空間で、不便な生活を強いられることでイライラはどんどん蓄積されていき、最終的には使えなかった期間の賃料を下げるよう要望されたり、損害賠償請求をされる可能性もあります。

このようなトラブルを回避するためには、対応の早さがカギとなるのです。

しかし、住居者から依頼されてすぐに業者に連絡を入れたとしても、業者が忙しい時期であれば対応は遅くなるでしょう。

また管理会社に委託している場合は、業者に連絡した後オーナーの交換許可を得てから工事の発注を行うため、対応速度にロスが生じます。

トラブルを早急に解決するためには、管理会社に修繕費を決定する権限を持つように設定しておくとよいでしょう。

 

故障の修繕義務は誰?

アパートにすでに設置されているエアコンや給湯器、ガスコンロ、温水洗浄便座などを

初期設備と呼びます。

 

初期設備に故障があった場合の修理費は、通常はオーナーが負担することになりますが、不具合があることを知っていながら長期間放置された場合や、入居者の故意過失がある際は、入居者が修理費用を負担することになります。

 

設備の故障で起きるトラブルの例としては、給湯器に不具合があり何日かお風呂に入れなかった期間の家賃減額要求をされることもあるでしょう。

このような場合、民法の知識やトラブル対応の経験がないと、大きなトラブルに発展し、解決するためには多大なる労力が必要になることもあります。

管理会社に依頼しておけば、豊富な知識と経験から両者ともに穏便に解決できる道を模索してくれるので安心です。

アパートの修繕でのトラブル回避のポイントは?

初期設備は、賃貸物件と同様オーナーの所有物に当たりますが、2020年4月より入居者の判断で修繕を行って良いとする項目が加わりました。

入居者の判断で修繕を行えますが、入居者に故意の過失がない限り修繕費を支払うのはオーナーとなります。

入居者からすると、早急な対応が望めるので大きな利点ですが、オーナー側からすると、休日や夜間に業者を手配すると割増料金が発生し高額になるでしょう。

思っていたよりも高額な請求は、アパート経営に暗雲が立ち込めることにつながります。

しかし、業者の手配や修理費用のことを契約書に明記しておけば、トラブルを未然に防ぐことができます。

例えば、オーナーや管理会社が対応できない時間帯であれば、指定業者に連絡できるような内容にしたり、修繕工事は日中の平日にするなど、細かく設定しておくとよいでしょう。

そして、契約書以外にも急を要する際の取り決めをまとめた書類を別途用意しておくと、多種多様なトラブル回避につながります。

まとめ

アパート経営には、賃貸収入が得られるメリットもありますが、さまざまな問題が発生するリスクがあります。

しかし、あらゆるリスクを回避できる対策をとっておけば、大きなトラブルに発展しない場合も多いです。

さまざまなリスクを回避するためには、地域密着型の管理会社に任せることをおすすめします。

その地域について深い理解があることで、トラブルを迅速に対応してくれるでしょう。

アパート修繕のトラブルを事前に回避するためにも、信頼できる管理会社に相談してみてはいかがでしょうか?