不動産管理は自主管理がお得か?それとも管理会社がお得か?

不動産管理を管理会社に委託せず、自分で管理すると委託費用を削減することができます。

しかし、管理に有する時間や労力を使うに値するのかどうかは悩むポイントです。

そこで今回は、自主管理のメリットとデメリットを考えながら「自主管理と管理会社どちらがお得か」についてご紹介します。

費用削減を考えるなら自主管理がいいの?

不動産管理をする上で必要となる業務は、家賃交渉やクレーム対応、滞納者への督促や清掃など、その業務内容は多岐に渡ります。

本業は別にあり、投資目的で不動産運用をする方であれば、急に電話がかかってきても

緊急対応することは難しいと思います。

それに、家賃の交渉や住居者からのクレーム対応など、頭が痛くなるような内容に神経をすり減らすことも。

仲介手数料のことを考えると、自主管理は費用削減に繋がり、収入も増えることは間違いありませんが、専門的な知識や経験がない方では対応に時間を要するため、効率的とは言えません。

しかし、続けていくうちにノウハウが身につき、次第に迅速に対応できるようになります。

 

そして、管理会社の中には、仲介も行う業者もあります。

この場合、自社管理物件からお客様に紹介する傾向があるため、オーナーが自社管理する物件は後回しにされることもあります。

 

費用削減だけをポイントとするなら、自主管理がおすすめですが、手間や専門知識のことを考えると不動産管理のプロに任せた方が、効率良く運用することができます。

自主管理のデメリット

自主管理には住居者の対応や建物管理など、仕事は多岐に渡ります。

自主管理の場合は、家主が全て行うことになります。

ここでは、賃貸管理に必要不可欠な業務をご説明します。

 

まず入居者を募集し、契約締結作業を行います。

管理会社を活用すれば、管理会社同士のネットワークを使い、広く入居希望者を募ることができますが、自主管理を行う場合は個人で対応することになります。

入居者が決定すると、次に行うのは入居者管理業務です。

入居者の選定や契約の締結、契約更新や入居者のクレーム対応などを行います。

管理会社に委託しなければ、個人ですべての業務を行わなければならず、専門的な知識やトラブル回避のノウハウを勉強しておかないと、大きなトラブルに繋がりかねません。

最後に、部屋の修繕や建物自体の修繕をする、不動産管理業務があります。

退去後の、室内クリーニングを行い、キズや傷んだ場所がある際は修復します。

簡単な修復であればオーナー自身で行えますが、クロスの張り替えなどは専門業者に依頼する必要があるでしょう。

また、建物自体の修繕時期を間違えてしまうと、劣化が進み資産価値を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。

管理会社に委託することでどう変わる?

前述した通り、自主管理をした場合は委託費用がかからないため、その費用を削減できます。

しかし、修繕の際などは業者に依頼する必要があり、かえってコストが高くなる場合もあります。

全て委託会社に任せる一括管理もありますが、一部の業務のみを委託することもできますので、その用途に合わせて柔軟に検討しましょう。

賃貸管理を管理会社に委託することで、賃貸管理のスペシャリストが豊富な知識と経験から最適な管理を行ってくれます。

難しい不動産経営から解放され、空いた時間を有意義に使うことができるでしょう。

まとめ

不動産管理は専門的な知識が必要な業務や、トラブルに巻き込まれる場面もありますので、管理会社に委託するオーナーが多いです。

また、管理会社に委託する場合は地域密着の管理会社がおすすめです。

委託手数料がかかり、資金面で不安に思う方もいらっしゃいますが、不動産運用のノウハウがなく、空室ばかり抱えてしまえば結局マイナス経営に陥ります。

まずは、自身が管理できる範囲を考え、精神的な苦痛と時間の拘束にとらわれすぎない不動産経営を目指しましょう。

大阪・兵庫の不動産管理ならアザミグループ