持ち家・マンションを賃貸化する際のリスクやメリットとは?

転勤の際に、購入した持ち家やマンションを売却するか、賃貸化するか悩むところです。

最終的に、持ち家やマンションに戻りたいと考えるのであれば、
賃貸化したいと思う方も多いのではないでしょうか。

賃貸経営にはメリットばかりではなく、リスクもあります。

そのため、あらゆるリスクを想定して賃貸経営をすれば、失敗を未然に防ぐことができます。
今回は、賃貸化した際のリスクやメリットについてご説明します。

マンションや持ち家を賃貸化した場合のリスクとメリット

持ち家・マンションの賃貸化でまず思い付く最大のメリットは、家賃収入を得られることです。

本業とは別に収入が入るため、大きな利点となるのでしょう。

住宅ローンの残債を家賃収入で返済することができたり、老後に家賃収入を受け取り続けられたり、暮らしの大きな支えとして役立ちます。

また、売却するわけではないので、将来賃貸化した家に戻って住むこともでき、管理の手間をかけずに資産を保有し続けられる、というメリットもあります。


次にリスクについてご紹介いたします。

賃貸化のリスクは、ローンが残っている場合、入居者がいない間は家賃収入が入らないため、新居と賃貸化したマンションのローンを2重に支払う必要があります。

その他に、維持費や管理費、固定資産税や修繕積立費などが毎月必要になりますので、そのことも念頭に入れておかなければなりません。

また、入居者がいた場合にも、建物や設備が劣化または故障した場合は貸主の負担となり、耐久年数より早く故障する可能性も想定しておく必要があります。

年数が経過するにつれ家賃を減額対応する必要もありますし、入居者トラブルや災害に見舞われる場合もあります。

このようなリスクが発生すると、大きな労力が必要となり心身ともに疲れてしまいます。

自分自身で対応することが難しい、とお考えの場合は、管理会社に委託するのもリスク回避の1つです。

管理会社には、賃貸管理に必要な専門知識と経験があるスペシャリストが、対応してくれるので大変便利です。

貸し出すまでの流れと注意点について

まず、持ち家・マンションの状態を確認し、類似物件の家賃相場を調べた上で、残りの住宅ローンについて確認しましょう。

住宅ローンは、所有者自らが住むためのローンですので賃貸化すると、賃貸物件用ローンに切り替わる場合があります。

 

賃貸物件として貸し出せるかどうかの確認を終えたら、入居者を募集してくれる不動産会社を選びます。

この時、希望や審査の条件をきっちり伝えておかないと、審査のハードルを下げられることもありますので注意してください。

不動産会社を選ぶ時も、信頼できる会社であるか?経験年数は十分か?など自分に合う会社に依頼しましょう。

 

貸し出せたとしても管理の面でご自身では難しい、不安をお持ちの方は、管理会社に委託するととても便利です。

入居者の募集から、入居者のクレーム対応、家賃滞納者への督促や賃貸借契約の締結など、貸主に代わり管理してくれます。

関連記事

【不動産オーナー必見】家賃滞納時の対処方法まとめ

持ち家・マンションを賃貸化した時の確定申告

持ち家・マンションを賃貸化した際に得た収入は、確定申告をする必要があります。

上手に節税する方法は、マンションにかかる費用を経費として計算したり、不動産所得が赤字の場合は他の所得で損益をカバーすることもできます。

また、事業規模で貸しているのなら65万円の青色申告特別控除が使えるため、不動産所得の減税が可能になります。

この時、管理委託料も賃貸物件として維持するために必要な出費なので、経費として処理しましょう。

 

まとめ

持ち家・マンションを賃貸化するためには、専門的な知識を要したり、慣れないことで大きな労力を使うこともあります。

慣れない賃貸経営で、住人トラブルや家賃滞納者への督促など、リスクを抱えながら本業に就くことはとても大変なことです。

管理会社に依頼すると、そのようなリスクは軽減されます。

また、賃貸化した持ち家・マンションを一括で借り上げてくれる方法もあり、空室があっても収入を保証してくれる安心のサービスもあります。

これから賃貸経営を始めよう、または今の賃貸経営に不安と疲れを感じている方は、一度管理会社に問い合わせてみましょう。

 

大阪・兵庫の不動産管理ならアザミグループ