家賃滞納者の見極め方

賃貸物件を管理している人にとって、空室が埋まっていくことは嬉しいことではありますが、
入居者が家賃滞納者となってしまうと、喜んではいられません。

ですから、どういった人が家賃滞納者になることが多いか、
見極め方を知っておくと良いものです。

家賃滞納者になりがちな方と言えば、まずは無職の方です。

収入面が大きなマイナスポイントとなっていますから、
入居に関する費用に問題がなくても、
継続して家賃を払っていくことに関しては不安感がつきまとってしまうものです。

そういった意味では、フリーターの方というのも、収入面で不安があります。

収入が不安定ですから、収入が安定している人よりも
家賃を滞納してしまう確率が高いと考えられます。

少し変わったパターンですと、家賃を滞納したまま退去される恐れもありますから、
引っ越しを急いでいる方というのも注意が必要です。

また、同じく変わったパターンとして、
若くして収入が多い方というのも注意しておきたいところです。

収入が多いのは良いことですが、その分出ていくお金が大きくなることも考えられますから、
支払いが滞る恐れがあるものなのです。

大阪賃貸マンションの空室対策をリノベーションで解決!
芳光産業株式会社にご相談ください。
http://www.houkou.co.jp/