管理会社の見直し

賃貸物件のオーナーとして不動産運営を行っている方ならば、物件に対しての管理会社の見直しを行うこともおすすめです。

現状として全く問題が生じていないならば、大きな問題やトラブルに発展してしまうこともありません。

しかしながら、例えば空室解消などはオーナーにとって重要な項目です。

空室がいつまでも埋まらない場合では空室解消を上手に行っていない可能性があるので、管理会社を見直してみると良いでしょう。

入居者トラブルを解決できるかどうかの能力も大切です。

騒音問題をはじめ数々のトラブルが想定されますが、それらを素早く対応できる能力が必要ですよね。

管理を依頼する場面では管理費を徴収していることになるので、費用対効果は見合っているかどうかを判断基準にすると良いかもしれません。

無駄に管理費を支払っていて、共用スペースなどの管理をしっかりと行っていない場合では、管理会社を見直す必要があります。

また、滞納家賃を改修できるかどうかの能力も重要です。

保証人などに対して回収を行うような場面もあり、しっかりとした対策を行う管理会社が推奨されています。

大阪賃貸マンションの空室対策をリノベーションで解決!
芳光産業株式会社にご相談ください。
http://www.houkou.co.jp/