楽天EXPO2018

楽天EXPO2018

先日、楽天トラベルに宿を登録している大家が集う会、楽天トラベルEXPOに参加してきました。
前半は「これからも伸びゆく楽天」そして全国売上ナンバーワンホテル表彰式・・・沖縄の貸宿運営では新参者の当方ではまだまだ縁のないところで、漫画雑誌のパーティーみたいにグラビアアイドルが出てくるわけでもなく退屈でしたが、私どもの目当ては当社で運営してる沖縄県宮古島の貸宿のヒルズヴィラ宮古島アザミ7宮古島、それらを全国のお客様に知ってもらうにはどうすればいいか?そのための集客強化セミナーというのが設けられていたのでそれらのために出席した次第です。

お客さんに宿を知ってもらうには?
来てもらうには?
mediaそれはメディアに宣伝してもらえることが近道だと。
ではメディアにも取材にきてもらえるような宿はどんなところか?
それは・・・そこにしかない、クセが凄い、いやこだわりが強い。そんな宿ほどメディアは興味をおぼえ取材に行きたくなるらしいのです。
全部が及第点、オール4である必要はない。他が弱くても何かひとつ5があればいいということです。
講師に紹介された宿があり、そこのキャッチフレーズは
「いたらない、つくさない宿」
スリッパも、テレビも、エアコンもない。あるのはうちわだけ。かゆいところに手を回さないというあるべからずな欠点をむしろキャッチフレーズにして話題になりました。
ほんとにそのままの宿なら「二度と来るか」ですが、現実はたくさんのリピーターが来ている、居心地のいい宿らしいのです。
あまり狙いすぎるといやらしいですが、当社のヒルズヴィラ宮古島アザミ7宮古島も、一度聞いたら忘れられない、そんなキャッチフレーズをつけたいものです。フレーズ負けしないように中身の充実は忘れずに。