関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

物件の効果的な防犯対策って?



物件の防犯対策の要のひとつは玄関回りですが、空き巣の侵入やのぞき見などの被害を受けやすいベランダにも対策が必要です。

物件の下見の時には、ベランダがあったら必ず出て回りの様子を確認します。
自分の部屋よりも高い所からののぞき見の心配がないかどうかは重要なチェックポイントです。

ベランダの防犯対策のひとつとして、窓を二重サッシにすることがあげられます。
窓を二重サッシにすることで侵入しにくい窓になります。
また二重サッシには、断熱性のアップや防音とともに室内のプライバシーが外に漏れ出るのを防ぐ効果もあります。

ベランダからののぞき見防止対策では、日よけを兼ねた目隠しを取り付けたり窓ガラスに防犯フィルムを貼り付けるなどの方法があります。
また、曇りガラスを使用するのもひとつの方法です。
曇りガラスには、全体的に視線を遮るタイプや部分的に曇りの入ったものなどいろいろなタイプがあります。

空き巣や不審者の侵入防止のためは、ワンドアツーロックといって窓1か所にふたつ以上の鍵を取り付けることも基本です。
既に付いている鍵に加えて、補助錠を取り付けることで防犯性が上がります。


賃貸マンションの空室対策を管理会社の見直しで解決!
芳光産業株式会社にご相談ください。
https://houkou.co.jp/