関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

清潔感のある物件にするためには?




賃貸物件では入居希望者の第一印象が重要です。
立地がよく、利便性に問題がなくても、外観のイメージや内装の清潔感が感じられないと、なかなか契約に結びつけることができません。


特に賃貸物件を探す最近の若い人たちは、清潔感を好む人が大変多いのが特徴です。
部屋を綺麗にするコツや掃除のテクニックが多く紹介され、入居希望者もよく研究しています。
そのために、物件の清潔感を大きく高めることで入居率の増加を見込めると言えるでしょう。


入居希望者が一番最初に目にするのは建物の外観です。
綺麗で洒落た住宅は、その見た目に惚れ込んで契約してくれる人がいるほど重要です。
まずは外観のメンテナンスを最優先に考えましょう。
痛みが激しかったり、くすんでいては内覧まで行かずに帰られてしまう可能性が高くなります。


内覧時は、やはり壁と床に目が行きます。
真新しいクロス張りは好印象です。
白い壁紙は清潔感を演出し、築年数が経っていても部屋の新しさを感じさせることができます。

またフローリングを新調するだけで印象が変わることも忘れてはいけません。
傷がついたり変色したりしたままでは、良い印象を与えられませんので気をつけましょう。


賃貸マンションの空室対策を管理会社の見直しで解決!
芳光産業株式会社にご相談ください。
https://houkou.co.jp/