関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

広く感じる物件の特徴って?




日本の物件は、世界の物件などと比較しても小さく狭いことが特徴です。
国土事態が狭いこともあり、その中で創意工夫しながら生活してきました。
近年では、都市部に人口が集中する傾向が高く、物件の狭さは益々加速しています。

そこで、小さくて狭い物件であっても、広く感じる工夫について解説していきます。

まず、空間が広く感じる物件の特徴として、引き戸式のドアにすることがあります。
引き戸式のドアにすると、開閉に多くのスペースを必要とせず、空間を有効利用できます。

また、引き戸式のドアであれば、開放しておくことで、空間を隔てる仕切りを取り払うことができ、部屋が広く開放的に感じることができます。

さらに、膨張効果のある壁色にすることも効果があります。
白などの色を壁紙に使うことで、視界が解放され、空間が実際よりも広く大きく感じられる効果があります。


その他、収納スペースが確保されていることも広く感じる物件づくりには欠かせません。
収納スペースを確保することは、空間を狭めるような印象がありますが、実際には収納があることで、より部屋全体がすっきりとして見える効果を持ちます。


賃貸マンションの空室対策を管理会社の見直しで解決!
芳光産業株式会社にご相談ください。
https://houkou.co.jp/