関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

子育てしやすい物件って?




今までは旦那さんと小さなワンルームマンションに住んでいたけれど、妊娠をした事をきっかけに違う物件を探すという方もあるかもしれません。

そのような場合にはまず、階段とエレベーターの両方が設置されている建物を選ぶ事をお勧めします。
赤ちゃんが小さい頃は、ベビーカーを使う事が多いために、階段しかないと毎日のお出掛けも億劫になってしまい、なんとなく出不精になってしまう事にも繋がるからです。

そして、ベビーカーを毎回折りたたんでしまうのは大変なので、玄関のスペースが広いマンションが良いでしょう。


時にはお出掛けから帰ってきた時に、ベビーカーの中でスヤスヤ寝ている事もあるので、広い玄関ならそのまま寝かせておく事も簡単です。


そして、意外に見落としてしまいがちなポイントですが、住宅の素材にもこだわっている物件だと子供の体に有害なホルムアルデヒドなどの心配が無いので、健康な毎日を送るのにも良いでしょう。


知らずしらずのうちに空気と一緒に体に取り込まれるものですから、少しくらい家賃が高いとしても、優先して選ぶべきです。


賃貸マンションの空室対策を管理会社の見直しで解決!
芳光産業株式会社にご相談ください。
https://houkou.co.jp/