関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

「コーポ」「ハイツ」「メゾン」よくある名前の違いは?

「コーポ」「ハイツ」「メゾン」よくある名前の違いは?マンションやアパートといった集合住宅には、いろいろな名前が付いていますよね。

例えば、昭和の時代からよく使われている『コーポ』。これは“団体の、共同の”という意味の英語『コーポレート(corporate)』と『ハウス』の造語『コーポラス』の略で、『集合住宅』、特に『鉄筋のアパート』という意味です。

他にも“共同の”という意味の『コーポラティブ(cooperative)』と『ハウス』の造語『コーポラティブハウス』の略という説もあります。『コーポラティブハウス』とは“そこに住まれる予定の方々が、組合を作って建てる集合住宅”という意味です。
『ハイツ』。英語で“丘、高台”の意味です。
『メゾン』。“メゾン・ド・〇〇”といったように使われます。『メゾン』とはフランス語で“家”という意味です。この『メゾン』と同じように“家”という意味の言葉でよく名前に使われるのが、ドイツ語の『ハイム』やスペイン語の『カーサ』などです。

名称 言語 意味
ハイツ 英語 高台(heights)
コーポ 英語 共同住宅(cooperative houseの略)
メゾン 仏語 家(maison)
ヴィラ 仏語 別荘(villa)
ハイム 独語 家・住まい(heim)
カーサ 伊語 家・住宅(casa)
レジデンス 英語 大きな邸宅・官邸(residence)
シャトー 仏語 貴族が住むカントリーハウス(chateau)

全て英語かと思いきや、色々な国の言葉が使用されています。

こういった家に関連する言葉を使うことで、居住用建物をアピールしながら、英語を取り入れたオシャレな名称で他の建物と差別化する。

種類が多いのは、こんな理由もありそうですね。

ハイツアザミ公園前 303号室


JR阪和線「鶴ヶ丘」駅徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線「長居」駅徒歩10分
お問い合わせ:06-6696-6207

カーサコモダ箕面 202号室


阪急箕面線「牧落」駅徒歩4分
お問い合わせ:06-6696-6207

メゾンアザミ 205号室


近鉄名古屋線「久居」駅 徒歩7分
伊勢自動車道「久居IC」から車で5分
お問い合わせ:06-6696-6207