関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

大阪北部地震

大阪北部地震

この度の「大阪北部地震」で被害に遭われた皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

熊本地震は翌日が本震でした。
東日本大震災でも2日前に震度6弱の地震が起こっています。
今回の地震ですが、横ずれ断層形の地震らしく東日本大震災、熊本大震災と同じようです。
今回の地震が余震の可能性が大らしく、48時間以内に本地震来る可能性が非常に高いようですので、今後も気をつけないといけません。

具体的には
《外出中の方》
震災時の駅落下物や倒壊の可能性がある場所には近づかないでください。
人の多い場所は混乱の恐れがあるのでなるべく避けてください。特に駅は(運行再開が気になるとは思いますが)避けてください。

《家にいる方》
断水を見越して、鍋、やかん、風呂などに水をためておいてください。
備蓄食料が十分でなければ早めに購入しておいてください。南海トラフでは1週間分備蓄することが求められています。
高所にあり落下すると危険そうな物は床に下ろす等の対応をしてください。

まだまだ予断を許さない状況なわけですが、昨日一日を振り返ってみても、大きな被害に遭われた方はもちろんですが、大変な思いをされた方が多かったのではないでしょうか。
弊社も大阪には多くの所有及び管理物件がありますが、摂津のマンションが今回の地震でガスの元栓が自動で止まりました。住人の方の対応に、最初はガス会社に連絡が全く着かない状況でしたが、ボタン一つで入居人の方がが復旧してくださり、大きな問題にはならずに済みました。
この辺りも管理会社として覚えておくべき事だと思い知らされました。
(参考サイト:大阪地震で「ガスが止まった」。安全確認と復旧の手順は?大阪ガスが注意喚起

個人的な話ですが、私は大阪でも比較的南に位置するところに住んでいるのですが、それでもかなり揺れました。
大きな被害こそありませんでしたが、ちょうど通勤時間に全ての電車が止まりましたので、全く身動きがとれませんでした。
お昼近くになると、ようやく一部の電車が徐々に動き出し、私も普段使っている電車とは違う電車で迂回してようやく会社にたどり着きました。
大きな被害に遭われた方からすればたいしたことじゃないことですが、それでも結構疲れました。
帰宅時は通常運転こそしてはいませんでしたが、普段使っている電車も動いていましたので、少し時間がかかりはしたものの、大きな問題なく帰宅できました。

地震が起こらないように気をつけるなんてことは無理な話ですが、地震が起こったときに何を気をつけるべきか、何をすべきかを考え、地震が起こる前に何を準備しておくべきかを普段から考えておくべきだとつくづく思い知らされました。