関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

シニア向け分譲マンションとは?

シニアマンションシニア向け分譲マンション、略してシニアマンションとも呼ばれるこの物件は、その名の通り高齢者向けにつくられ提供されている分譲マンションです。入居する高齢者が快適に過ごせるよう、さまざまなサービスや施設が付帯しているのが特徴です。

施設面での例を挙げると、各戸の室内はもちろん、マンションの細部に至るまでのバリアフリー化されているところが通常のマンションとは大きく違うところです。段差をなくし、車いすでも楽にドアを開閉できるよう引き戸になっていたり、toiletトイレには手すりをつけられていたりします。こうした何気ない工夫がシニア層の日々の生活を円滑にしてくれます。また、大浴場やレストラン、プールやスポーツジムなどのレクリエーション施設の充実も見逃せないポイントです。レストランがあれば一人暮らしの高齢者の方も栄養が偏ることはありませんし、何よりほかの入居者の方と交流が持てて活気が出ます。こうした、ほかの入居者との交流という点では大浴場がついているシニア向け分譲マンションもいいですね。中には天然温泉を引いているというところもあるようです。また、いつまでも若々しく元気でいたいという人には、プールやジムなどの運動施設がついた物件を選ぶと良いでしょう。このように、マンション内で何不自由なく暮らせる設備がシニア向け分譲マンションには整っています。


そして、忘れてはならないのがサービス面。高齢者の方の日々の心配といえば、ご自身やパートナーの健康不安でしょう。その点、シニア向け分譲マンションでは、マンションに看護師さんが常駐していたり、協力医療機関と提携した入居者向けの医療サービスが受けられるところもあります。フロント係やコンシェルジュによる見守り体制や各戸に緊急用回線が設けられているのも、万が一の場合に備えられて心強いですね。また、掃除や洗濯のお世話をしてくれるマンションもあるようなので、まさにいたれりつくせり。こうしたサービスが受けられる分、シニア向け分譲マンションへの入居は、一定以上の年齢であることや自立した生活ができることなど、条件のあることが多いので、入居を考えている人は注意が必要です。費用面はそのマンションの設備やサービスにもよりますが、一般的なマンションに比べると高額であることが多いようです。


シニア向け分譲マンションのメリット


大浴場先にも触れましたが、シニア向け分譲マンションの最大のメリットは、バリアフリーの入居スペース、ほかの入居者との交流ができる大浴場やレストラン、プールやスポーツジムといった施設面での充実が上げられます。
また、フロント係、看護師さんらによる見守り体制や、食事や掃除などの家事代行などサービス面の安心感も大きなポイントです。これらのサービスにより、老後の日常をストレスなく暮らすことができます。
それ以外に、分譲であるため賃貸物件のように家賃ではない点も資産という点で安心です。例えばこれが有料老人ホームであった場合、シニア向け分譲マンションを購入するのと同じくらいの入居費用を払ったとしても資産的価値を持つことにはなりません。しかし、シニア向け分譲マンションの場合には所有権を持つことになるので、住宅ローンを利用したり、売却・賃貸など資産として活用することも可能です。


シニア向け分譲マンションのデメリット


先ほどメリットとして、シニア向け分譲マンションは資産として持つことができるとご紹介しましたが、サービス・施設面で非常に充実しているシニア向け分譲マンションは高額購入価格が数千万円から数億円と、一般的なマンションに比べ高額な傾向にあります。また、ほかのマンションと同じように、購入費用の他に管理費・修繕費を支払う必要があります。このうち管理費は、マンションごとにかなり差があり
ます。サービスの度合いによって高くなると思ったら良いでしょう。つまり、シニア向け分譲マンションの購入から住み続けるにあたっては、通常のマンションよりも高額な費用がかかることがあるということです。また、シニア向け分譲マンションには入居に一定の条件があります。多くは年齢と健康状態なのですが、介護レベルが「自立」から「軽度の要介護」である必要があり、重度の介護が必要になると退去をする必要が生じます。シニア向け分譲マンションは徐々に増えていますが、全国的にみればまだまだ少ないのが現状。そのため、物件の選択肢が少ないというのもデメリットの1つといえます。


アザミグループ

🌏田中産業株式会社

06-6696-6207

🌏ホウコウ産業株式会社

06-6561-1101