関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

「温水洗浄便座」で空室対策

温水洗浄便座

水廻りの設備が入居者に与える印象は、思った以上に大きいものです。
キッチン、お風呂…、特に、経年劣化で変色したトイレの便座は悪い印象しか与えません。

なかでも温水洗浄便座は、入居者に人気の設備ランキングで常に上位の定番設備です。
温水洗浄便座が設置されていないだけで、インターネットでのお部屋検索の検索条件でヒットしなくなってしまうなど、立地が良くても入居が決まらない場合があるようです。
温水洗浄便座でも設置してあるだけで、お部屋探しの方へのアピールになります。

簡単に取り付けられるの?

便器のタイプによっては設置が難しいケースも
特にユニットバスの場合、水でぬれる可能性があるので、感電の危険性もあり、専用の温水洗浄便座を選ぶ必要があります。電源工事も別途行う必要もあるので、費用的には厳しい場合も出てくると思います。

トイレ内にコンセントがないと工事が必要
温水洗浄便座は家庭用電源を利用するので、トイレ内にコンセントが必要です。コンセントがない場合は、照明から電源を取ったり、新しくコンセントを設置する工事が必要になったりします。

使用中の便器と同じメーカーが安心
温水洗浄便座は、さまざまなメーカーの便器に設置できるようになっています。しかし、基本的に自社製品同士を組み合わせることを前提にしているので、便器と温水洗浄便座は同じメーカーでそろえたほうが安心です。

温水貯蔵方式の違い

瞬間式タイプ

内蔵タンクがなく、吐水時に水を加熱するタイプ
水を保温する電気が不要なので電気代が安い
内蔵タンクがない分、本体をコンパクトにできる
本体価格は高め

貯湯式タイプ

内蔵タンクに温めた水ためておき、それを吐水するタイプ
常時保温しているので、電気代がかかる
内蔵タンクがあるため、本体は厚くなりがち
本体価格は手ごろ

操作パネル位置の違い

便座一体型便座一体型
操作パネルが便座と一体型の製品は、壁に穴を開ける必要がなく価格も手ごろなものが多いです。ただし、操作部分が張り出しているので、汚れがたまりやすくなります。

壁掛け型壁掛け型
壁に操作パネルを設置するので操作がしやすく、便座がすっきりして見えます。壁に設置するためにねじ穴を開ける必要があります。

最初にもお伝えした通り、水廻りの設備による入居希望者への印象は大きいものです。もちろん、温水洗浄便座があるだけで即入居者が決まるとまではいいませんが、温水洗浄便座があるだけで印象が変わるといってもいいと思います。